ライフスタイル

年代別ニキビケアのおすすめは。自分に合った方法でスッピン美人に

顔ニキビが繰り返し起こる原因

角栓によって毛穴が塞がれる

おでこや鼻のTゾーン、あご周辺のフェイスラインなど、顔のさまざまな部位にできるニキビですが、原因はただシンプルにひとつしかありません。それは「角栓による毛穴のつまり」です。皮脂がたくさんでたとしても、毛穴から皮脂を排泄できて詰まらなければニキビはできません。

皮脂の量をコントロールすることは難しいですが、角栓ができないように日頃から適切なスキンケアをすることが、ニキビを治す近道です。

アクネ菌は根絶できない

ニキビは、アクネ菌が毛穴の中に入り込み、そのまま皮脂や汚れが毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖してしまい炎症を起こしたものです。アクネ菌は油分を栄養源としているので、人間の皮脂が好物です。また、風通しの悪い場所を好むので、毛穴の中は格好のすみかとなってしまいます。

「アクネ菌をやっつければニキビを根絶できるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、残念なことにアクネ菌は常在菌なので、アクネ菌をゼロにすることは不可能です。しかしアクネ菌には善玉菌と悪玉菌があるので、善玉菌を増やす健康な肌作りをしていくことが、ニキビ予防になります。

男性ホルモンによる皮脂の分泌増加

毛穴が角栓によって塞がれてしまい、そこに皮脂が溜まることがニキビの原因なので、皮脂の分泌が増えれば増えるほどニキビができやすくなります。食生活やストレスなどでホルモンバランスが崩れ、男性ホルモンが多くなると皮脂が過剰に分泌されるようになります。

過剰な皮脂が、毛穴からうまく排泄されずに毛穴に詰まってしまうと、これがニキビを引き起こす原因になります。

皮脂分泌が増加する生活環境

皮脂分泌が過剰になると、毛穴からの皮脂排出が追い付かなくなって毛穴に詰まり、ニキビになってしまいます。ですから、皮脂の過剰分泌を抑えるとニキビ予防になります。皮脂が過剰に分泌されるときは、肌が乾燥している証拠です。

肌が乾燥していると、外部からの刺激が入り込みやすくなり、それを防ぐために皮脂をたくさん分泌します。また、脂っこい食事も皮脂が増加する原因になります。乾燥しやすい場所に長時間いる人や、脂っこい食事が多い人は、皮脂分泌が多くなりがちなので注意が必要です。

思春期ニキビの特徴と発生場所

成長ホルモンが活発な10代にできる

10代の時期にできるニキビを、通称「思春期ニキビ」といいます。この時期はホルモンバランスが変化しやすく、男性ホルモンの分泌が急激に増えることで、皮脂の分泌が増えます。過剰な皮脂が毛穴にたまり、アクネ菌が大繁殖して炎症を起こしニキビができてしまいます。

思春期ニキビは、20歳前後でホルモンバランスが安定すると自然と治る人が多いです。思春期は肌のターンオーバーが活発なので、軽度のニキビであれば跡に残りにくいですが、強く炎症したニキビを潰してしまうと、クレーターとして残り、大人になっても治りにくいので注意が必要です。

主におでこやTゾーンに発生する

思春期ニキビは、皮脂腺の多いこめかみや、額から鼻にかけてのTゾーンにできやすいのが特徴です。Tゾーンの毛穴の数は頬の約7倍もあるので、その分皮脂分泌も活発になります。

10代はターンオーバーが活発なので、過剰な皮脂を排泄しやすいですが、紫外線で角質が厚くなることや、ストレスでターンオーバーの乱れなどがあると、角栓が詰まりニキビになってしまいます。

汗をかく夏場にできやすい

思春期ニキビは、皮脂の分泌が活発になる夏の暑い時期にできやすいです。また春から夏は紫外線が強く、長く紫外線を浴びると、肌のバリア機能が働き肌の角質が厚くなります。肌の角質が厚くなると毛穴が詰まりやすくなりニキビの原因となってしまいます。

ニキビを防ぐためには、睡眠不足やストレスにならないような生活を心がけ、ターンオーバーを正常に保つことが大切です。

大人ニキビの特徴と発生場所

20代以降に生活習慣やストレスによりできる

20代以降にできるニキビを、通称「大人ニキビ」といいます。年齢を重ねると、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、不要な皮脂が肌の上に乗ったままになることで、毛穴を塞いでしまい起こる場合が多いです。

原因は、睡眠不足や食生活などの生活習慣の乱れや、ストレスが原因でホルモンバランスが崩れることなど、さまざまです。過剰な喫煙や飲酒、紫外線、間違ったスキンケアなども原因になることがあります。

主にあごやフェイスラインに発生する

大人ニキビとは、20歳以上の人がなるニキビのことです。ホルモンバランスに起因することが多く、あごやフェイスラインにできる人が多いのが特徴です。女性の月経周期は、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが交互に優位になります。

黄体ホルモンには、皮脂分泌を増やし肌の水分量を減らす作用があるため、黄体ホルモンが優位になる時期には、ニキビができやすくなります。黄体ホルモンは男性ホルモンに似ているため、この時期にできるニキビは、顎やフェイスラインにできやすくなります。

空気が乾燥する冬にできやすい

乾燥している冬は、皮脂の分泌が少なくなるのでニキビができにくそうですが、乾燥している冬にもニキビはできてしまいます。夏は紫外線から肌を守るために角質が分厚くなり、冬になるとその角質が乾燥して、肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

また、乾燥肌で皮脂膜がしっかり作れないと、肌の水分が蒸発してしまい、角質が硬くなってしまいます。角質が硬くなると毛穴も細く弱くなってしまい、微量の皮脂でも毛穴が詰まってしまいます。

ターンオーバーが遅くなる

年齢を重ねると肌のターンオーバーが遅くなり、余分な皮脂が皮膚の表面に残ってしまいます。その余分な皮脂が原因で、毛穴を塞いでしまいニキビができやすくなります。また、ターンオーバーが遅いと、ニキビの治りも遅く、ニキビ跡として残りやすくなります。

ニキビ跡が残ると、40~50代になってからシミの原因になってしまうこともあるので、ニキビができたらターンオーバーを正常化させ、早く治すことが大切です。

思春期ニキビを改善するスキンケア

サリチル酸配合洗顔料で洗浄

サリチル酸にはピーリング効果があり、肌の表面に残っている古い角質を取り除いてくれる働きがあります。サリチル酸はケミカルピーリングよりも刺激が少なく、ニキビ肌の人でも安心して使うことができます。敏感肌などで心配な人は、パッチテストをしてから使用することをおすすめします。

サリチル酸は油溶性なので、皮脂と馴染み毛穴を綺麗にしてくれます。また殺菌作用があるので、ニキビケアの商品にはよく使用される成分です。肌のくすみを取り、美白効果も期待できる成分です。

グリチルリチン酸配合化粧水で保湿

「グリチルリチン酸ジカリウム」や「グリチルリチン酸ステアリル」は、ステロイドとよく似ているため、抗炎症作用があります。グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方薬でよく知られている甘草(カンゾウ)に含まれる成分で、石鹸や風邪薬などに昔から使用されている副作用の少ない成分なので、ニキビの治療にも使用されています。

むくみや吐き気などの副作用もありますが、化粧水に入っている程度の量ならば、副作用の心配はありませんので安心して使えます。

大人ニキビを改善するスキンケア

植物由来の洗顔料で洗浄

ニキビができている肌は敏感なので、低刺激な洗顔料がおすすめです。皮脂はゴシゴシ擦らなくても落ち、ゴシゴシ擦ってしまうと、はがれてはいけない皮脂まで一緒にはがれてしまい、肌トラブルの原因になります。

植物由来の洗顔料で優しく洗い、洗顔料が肌に残らないように何度もすすいで、不要な皮脂や汚れだけを取り除いてケアしましょう。

ビタミンC誘導体配合化粧水で皮脂分泌を抑制

ビタミンCは、皮脂分泌を抑制する効果があります。他にも、抗炎症作用、毛穴引き締め効果、メラニン生成の抑制効果などがあり、ニキビや毛穴で悩んでいる人には取り入れてもらいたい成分です。

ビタミンC誘導体を配合している化粧水を使用すると、過剰な皮脂の分泌を抑えることができ、毛穴やニキビトラブルの予防に役立ちます。また、抗炎症作用もあるので、既にニキビができてしまった肌にも有効です。

ビタミンCには免疫力を回復させる作用もあるので、弱った肌を元気にしてくれ、ニキビの再発防止にもなります。

アラントイン配合化粧水でニキビ跡を残さない

アラントインは、穀物の胚芽やカタツムリの粘液に含まれる成分で、さまざまなものに含まれています。アラントインには、傷の回復促進効果があります。

アラントインは肌の線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンなどの生成を促し、ハリと弾力のある肌にしてくれます。また死んだ組織の吸収を促進する作用があり、傷の回復に効果があるので、ニキビ跡の回復には最適な成分です。

思春期ニキビにおすすめの洗顔料

ロゼット ロゼット洗顔パスタ アクネクリア

created by Rinker
¥360
(2020/04/09 19:34:39時点 楽天市場調べ-詳細)

ニキビ専用に作られた薬用の洗顔料です。プチプラで購入しやすい点も人気な理由のひとつです。抗炎症作用のあるグリチルレチン酸ステアリルがニキビの炎症を鎮め、オウバク、どくだみ、大豆の3種の和漢植物成分が肌あれを予防してくれます。

もっちりとしたきめ細かい泡が簡単に立てられるので、肌への摩擦なく、皮脂や毛穴の詰まりをしっかりと洗い落してくれます。グリーンハーブの香りが癒で癒し効果もあります。無着色料、無鉱物油で低刺激なので安心して使えます。

プライマリー Non A

created by Rinker
プライマリー
¥3,535
(2020/04/09 19:34:40時点 Amazon調べ-詳細)

弾力があり、きめ細かい泡が特徴の洗顔料です。甘草エキスで抗炎症作用があり、ニキビの治りを助けてくれます。ローヤルゼリーエキス・ヒアルロン酸やスクワランが配合されており、肌にうるおいを与え、乾燥や刺激に強い肌にしてくれます。

また、ダイズエキスが入っており、イソフラボン・サポニン・アミノ酸の成分で、皮脂の分泌を抑える働きがあります。ニキビケア製品によく使われているピーリングの成分を使用しておらず、無添加・無香料なので、赤ちゃんやアトピー肌にも使用できる肌に優しい洗顔料です。

ファースト クラッシュ ファースト クラッシュ3-in-1

洗浄と保湿を同時にしてくれる洗顔料です。綺麗に洗顔しても、その後の保湿ができていないと、ニキビはまたできてしまいます。洗顔するだけで保湿までしてくれるのが、この商品の特徴です。サリチル酸成分で、ニキビの元となる毛穴汚れをしっかり溶かし出してくれます。

グレープシードオイルなどの8つの天然植物成分が配合されており、乾燥を抑え潤いを与えてくれます。無着色料、無鉱物油なので、刺激に敏感な肌でも安心して使えます。

大人ニキビにおすすめの洗顔料

ルナメアAC ファイバーフォーム

糸状の植物繊維がふわふわと変形しながら、古い角質や毛穴の汚れを絡め取ってくれるファイバースクラブが特徴の洗顔料です。ニキビ有効成分と潤い成分を浸透させることができる富士フィルム独自のナノ化技術により、ニキビの原因に直接届いて集中ケアをしてくれます。

天然由来の4つの植物エキスが肌に潤いを与えてくれます。

b.glen クレイウォッシュ

天然のクレイ「モンモリロナイト」を採用したクレイ洗顔です。泡立て不要のゲルのようなテクスチャーが特徴で、独自のクレイで毛穴の詰まりや古い角質を吸着させて落とします。

肌の潤いと必要な皮脂は残したまま洗顔するので、洗い上がりのつっぱり感がなく、しっとりした洗い上がりです。5種類の美容成分が配合されており、スキンケア効果も高い洗顔料です。

オルビス 薬用クリアウォッシュ

オルビスがニキビ肌専用に作った洗顔料です。もちもちした泡が、立ち時間が経ってもへたらないしっかり泡なので、使用感のよさで選ぶ人も多い洗顔料です。

化粧水の浸透を妨げる毛穴に詰まった皮脂汚れもすっきりと洗いあげ、ニキビケア成分が肌の奥まで浸透しやすいようお肌の状態を整えてくれます。オイルフリーで、肌に優しくさっぱりとした洗い上がりです。

思春期ニキビにおすすめの化粧水

プロアクティブ リバイタライジングトナー

10~20代に人気のプロアクティブシリーズの化粧水です。肌のターンオーバーを促進するグリコール酸、肌荒れ・ニキビを防ぐグリチルリチン酸、保湿効果のある植物エキスを配合した薬用化粧水です。肌にたまった老廃物や古い角質を落とし、開いた毛穴を引き締めてくれます。

過剰な皮脂を抑えながら、肌の水分と油分のバランスを整える働きもあります。アロエ、カモミラエキスなどの植物成分により、お肌に潤いを与えしっとり感を与えます。アルコールフリー、オイルフリーなので敏感肌の人でも安心して使えます。

地の塩 どくだみ化粧水

容量が多く価格も手ごろなので、気にせずたっぷり使えると人気の商品です。どくだみには保湿効果があり、肌に潤いを与えてくれます。どくだみは、7月の開花時期に収穫して乾燥させ、生薬・解毒剤としてだけでなく、お茶(どくだみ茶)としても利用されている、日本人にはなじみの深い植物です。

甘草エキスも配合しており、できてしまったニキビの炎症を抑える効果もあります。無着色・無香料で肌に優しい化粧水です。

大人ニキビにおすすめの化粧水

ナチュリエ ハトムギ化粧水

たっぷり大容量で低価格が嬉しい化粧水です。ベタつかないさっぱりした使用感で、角質まで浸透します。お肌にパッティングし、重ねるほど肌になじんでいきます。天然ハトムギエキスを配合し、お肌を保湿し肌荒れのないなめらかな素肌に保ちます。

コットンやフェイスマスクにたっぷりと化粧水を染み込ませて、パックして使うと効果的です。界面活性剤フリーなので、刺激が苦手な人でも使いやすく、グリチルリチン酸2Kを配合しニキビ肌に効果的です。

オルビス 薬用クリアローションM

肌のバリア機能を高め、コンディションを整える働きの紫根エキス、発生しているニキビの悪化や肌荒れを防いで肌をすこやかに保つ甘草エキス、潤いを肌の奥まで届けてくれる浸透型コラーゲンを配合しており、繰り返すニキビの根本原因に直接作用してくれる優秀な化粧水です。

毛穴内部の皮脂になじむディープデリバリー処方で、毛穴の中まで有効成分を届けてくれます。浸透力にこだわった化粧水です。

ノブ ACアクティブ フェイスローション

アラントイン配合で優しくピーリングし、毛穴の汚れや古い角質をすっきり取り除いてくれます。また、有効成分サリチル酸を配合しており、アクネ菌に殺菌効果を発揮しニキビを予防できます。ニキビに効果もありながら、ビタミンC誘導体成分で、メラニンの生成を抑え、しみやそばかすを防ぎ透明感のある美肌への手助けをしてくれます。

てかりやべたつきを抑えた使用感で、さっぱりとしたテクスチャーです。無香料・無着色・アレルギーテスト済み・オイルフリーなので、敏感肌の人でも安心して使える低刺激処方です。

スキンケアのポイント

洗顔は1日2回まで

自分に合ったスキンケアアイテムを使用しても、正しいスキンケア方法を実践しなければ、ニキビは治りません。ニキビケアで1番大切なのは洗顔です。洗顔をしていつも清潔な状態を保つことはとても大切ですが、洗いすぎて乾燥させてしまっては、肌トラブルを招いてしまいます。

正しい洗顔方法を実践し継続することが、ニキビを治し予防する近道です。洗顔は朝晩の1日2回にしましょう。1日に何度も洗ってしまうと、肌に必要な油分まで奪い取ってしまい、乾燥を引き起こしてしまう可能性があります。

湯船のお湯で洗顔しない

お風呂に入ったときに、湯船のお湯で洗顔する人が多いと思いますが、ニキビ肌の人は湯船のお湯ではなく、綺麗なぬるま湯で洗顔してください。湯船の残り湯は40℃以上あり、菌が活動しやすい温度のため、雑菌が多数繁殖してしまっています。

肌を殺菌し清潔な状態を保つためには、37℃くらいの蛇口から出したぬるま湯を使い、十分な量のぬるま湯で洗い流すのがポイントです。

あぶらとり紙の使いすぎに注意

過剰な皮脂がニキビの原因になるので、あぶらとり紙で顔の油分を取り除く人がいますが、あぶらとり紙の使いすぎには注意が必要です。皮脂は顔の乾燥を防ぎ、外からの異物の侵入を防ぐためのバリア機能の働きをしています。

顔の皮脂を取り過ぎると肌が察知して、さらに過剰に皮脂を分泌してしまいます。皮脂は取り除き過ぎないよう気をつけましょう。

スクラブ入り洗顔料はNG

スクラブ入りの洗顔は、スクラブが肌を傷つけてしまうので使わない方がいいでしょう。ニキビのできやすい肌はデリケートなので、たっぷりの弾力のある泡で、直接触れずに泡を肌の上で転がすようにして洗顔してください。

洗い流すときにも、肌を傷つけず洗顔料をしっかり落とすために、綺麗なお湯を何度も顔にかけて、擦らないようにして優しく洗い流すのが洗い方のポイントです。

できたニキビは絶対に潰さない

できてしまったニキビは、気になって潰したくなりますね。しかしニキビを潰してしまうと、周囲の皮膚まで傷つけてしまい、そこに指の雑菌が付着して、さらに炎症を起こしてしまう可能性があります。深く傷つけてしまった場合には、ニキビが治った後にもクレーター状の跡が残ってしまい、長年とれない可能性もあります。

傷をつけずにニキビの中身だけを取り出して、治療が早まる例もありますが、周囲を傷つけてしまう危険性の方が高いので、ニキビは絶対につぶさないようしましょう。

ニキビを隠さない

ニキビができてしまったら、恥ずかしくてファンデーションを厚塗りするなどして隠してしまう人もいます。しかし、ニキビを治すためには清潔にして、刺激を与えないようにしておくのが大切です。

保湿だけをしっかりして、ファンデーションやコンシーラーなどを塗らずに清潔にしておきましょう。ファンデーションなどを塗ってしまうと、治りが遅くなるだけではなく、炎症が悪化して状態がさらに悪くなる可能性もあります。

薬で治療する

ニキビはれっきとした病気であり、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という病名がついています。セルフケアでニキビが治らないならば、思い切って病院で受診することもおすすめです。病院では、抗生物質の塗り薬やイオウ製剤が処方されることが多いです。

また、抗生物質の飲み薬やビタミン剤なども処方される場合があります。ドラッグストアにもニキビ用の薬がたくさん市販されていますので、試してみるといいでしょう。消毒薬、消炎剤などが含まれた薬が多く、クリームや軟膏状の塗り薬が多く販売されています。

皮脂を上手く抑制してニキビを治そう

洗顔で顔を清潔にすることと、保湿をきちんと行いケアを怠らなければ、ニキビは自然と治ります。ニキビを治すだけではなく、ニキビができにくい肌を手に入れられるように、食事や生活習慣を見直すことも大切です。

ニキビを数日であっという間に治してしまう、魔法のような薬は残念ながらありません。地道にコツコツと正しいケアを行い、まずはニキビを治し、ニキビのできない肌作りをしていきましょう。

「アクネ菌が増え過ぎないよう洗顔で清潔にする」「皮脂が出過ぎないようコントロールする」「ターンオーバーを正常にする」。この3つを守りスキンケアをしていくと、必ずニキビはよくなりますので、諦めずに自分に無理のないスキンケア方法を継続してくださいね。

関連記事