ライフスタイル

ワイヤレススピーカーおすすめ人気ランキング11選!目的・用途別に厳選紹介。

この商品はこんな人におすすめ

最新のワイヤレススピーカーは、性能がよく手に入れやすいため、初心者の人にもおすすめです。

目的に合った高音質なワイヤレススピーカーを手に入れよう。

近年におけるワイヤレス機器の技術は日々進化を続け、毎年新しい機器が販売されています。この記事では、毎年進化を遂げているワイヤレス機器の中から、おすすめの「ワイヤレススピーカー」を厳選してご紹介していきます。さまざまな目的や環境でワイヤレススピーカーを活用するために、おすすめする製品の特徴を参考にしてワイヤレススピーカーを手に入れましょう。

ワイヤレススピーカーのおすすすめな選び方

項目 選び方の解説 解説
選び方1 高音質のコーデックを選ぶ 音質は、低い音や高い音があるためコーデックによって聞こえ方がちがいます。そのため、音楽などを聞く上で必要な音質のコーデックを選びましょう。
選び方2 電源の違いで選ぶ 電源は、充電式と電池式があり用途によって選び方が変わってきます。そして、使用中に電源が落ちることが無いように、電源は用途に合ったものを選びましょう。
選び方3 防水防塵機能の有無 水や塵から守るために防水防塵機能は、IPXの規格が0~8までの段階で定められています。そして、IPXの規格によって耐性が違いますので使用目的に合った規格のものを選びましょう。
選び方4 NFC接続の有無 NFCは、スマートフォンやタブレットに付いている機能で、対応している機器に近づくだけで接続してくれます。NFC機能を使いたい人は、NFC機能が付いているものを選びましょう。
選び方5 メーカーで選ぶ 数多くのメーカーがワイヤレススピーカーを販売しています。そして、メーカーで選ぶ場合には現在持っている電子機器のメーカーに合わせたり、目的に合った機能を備えているメーカーのスピーカーを選びましょう。

高音質のワイヤレススピーカーを選ぶ際に気を付けるポイント!

高音質のワイヤレススピーカーを選ぶために気をつけるポイントは、コーデックの種類を知っておくことです。音には、それぞれ低い音や高い音など音域があり、R&BやROCKやクラシックなどの音域に合った音質のワイヤレススピーカーが必要になります。そして、現在は、「LDAC」「apt-X」「AAC」「SBC」の4つのコーデックが一般的です。高音質なワイヤレススピーカーを選ぶ際、以下の内容を参考に最適なワイヤレススピーカーを選んでいきましょう。

コーデックの種類 特徴
LDAC 「LDAC」は、ソニーが作り出したハイレゾ音源で知られています。最近では、数多くのメーカーが「LDAC」の高音質コーデックを販売しています。そして、この音質は、ワイヤレスでも劣化することなく高音質の音声を送ることができるため、他の3つのコーデックに比べても高音質となっています。そして、スマートフォンでは「Xperia」のみに付いています。
apt-X 「apt-X」は、CDと同様の音質をもっているのが特徴で、SBCコーデックよりも高音質で、4つのコーデックの中では、転送中の遅延が起こりづらく音質が一番安定しています。そして、「apt-X」は現在Androidが搭載されたスマートフォンやタブレットなどの機器に数多く対応されています。
AAC 「AAC」は、ワイヤレスで音声を転送している際に音声のズレや遅延が起こりづらく、「SBC」コーデックよりも高音質になっています。現在では、多くの人がもっているiPhoneやiPodに対応しているコーデックで、他には、iTunesにも使われている高音質コーデックです。
SBC 「SBC」は、4つのコーデックの中では標準的な音質のもので、一番音質が低くなっています。しかし、4つの音質コーデックの中では、売られているほとんどの機器で対応しているため、たくさんの製品の中から好きな機種を選ぶことができます。

電源の違いで選ぶ際に気を付けるポイント!

ワイヤレススピーカーを選ぶ際に気をつけるポイントは、電源の違いです。そのため、ワイヤレススピーカーを可動するために必要な電気を得るために「充電式」「電池式」を選びます。電池の消耗は、ワイヤレススピーカーの消費電力によって異なってきますが、「充電式」の場合は、半日以上持つ製品を選び「電池式」の場合は、いつ電池が切れても交換できるようにたくさんの電池を持ち運んでおきましょう。

防水防塵機能の有無を選ぶ際に気を付けるポイント!

ワイヤレススピーカーを選ぶ際に気をつけるポイントは、「防水防塵機能の有無」です。防水耐性は、明確な基準のもと0~8までの段階でIPX規格が定められています。そして、生活防水程度はIPX2~4、屋外使用やキッチンやお風呂などの水場での防水耐性はIPX5~7、海に潜っても平気なIPX8など細かく設定されています。ワイヤレススピーカーを壊さないためにも、以下の防水規格を参考にして選んでいきましょう。

防水規格 特徴
IPX0 防水規格として防水保護がされていない状態。
IPX2~4 防水規格として水滴や飛んでかかった水分から、水の侵入を防いでくれる状態
IPX5~6 防水規格として噴射してかかった水分から、水の侵入を防いでくれる状態。
IPX7 少しの時間であれば水に浸かった状態からでも、水の侵入を防いでくれる状態。
IPX8 水圧がかかっている水の中で浸かっていても影響がでない状態。

NFC接続の有無を選ぶ際に気を付けるポイント!

ワイヤレススピーカーを選ぶ際に気をつけるポイントは、「NFC接続の有無」です。NFC接続というのは、近くにあるNFC通信対応のワイヤレス機器同士を接続して、音楽を流したりすることができる機能です。最近では、スマートフォンやタブレットに標準装備されているので,端末に保存している音楽をワイヤレススピーカーにワイヤレス接続をして流すことができます。スマートフォンから転送して音楽を聞きたい人は、「NFC接続」ができるワイヤレススピーカーを選んでいきましょう。

メーカーで選ぶ際に気を付けるポイント!

ワイヤレススピーカーを選ぶ際に気をつけるポイントは、メーカー」です。メーカーは、BOSEやSONYをはじめ数多くあり、メーカーごとに音質の違いや音域の違い、性能や機能の違いなどが見られます。そのためにメーカーでワイヤレススピーカーを選ぶ際には、普段から使い慣れているメーカーでスピーカーを選んだりする人や、聴きたい音楽のジャンルに適した音域を聞くことができる、メーカーのスピーカーなどを選んでいきましょう。

ワイヤレススピーカーの人気ブランド・メーカー

ブランド・メーカー 特徴
BOSE BOSEのオーディオ機器は、人間工学を元に研究されて作られています。そして、スピーカーは小型なのにも関わらず迫力のある音を生み出し、頑丈で長持ちなのが特徴です。
SONY SONYはプレイステーションなどのゲーム機で有名なメーカーですが、最近では高音質コーデックの「ハイレゾ」で有名です。そして、ワイヤレススピーカーはノイズが少ないのが特徴です。
ANKER ANKERは、アンカージャパンとして、ワイヤレススピーカーの「SoundCore」を製品化しました。そして、「SoundCore」の種類は6種類もあり、さまざまな用途で使い分けられるのが特徴です。

BOSE

BOSEは言わずと知れたオーディオ機器!

「BOSE」というブランドは、マサチューセッツ工科大学の教授でもあるボーズ博士が設立したブランドです。そして、ノイズキャンセリングイヤホンをはじめ数多くの技術で特許を取得しました。また、スピーカーの技術では人間の身体の仕組みを研究することで、自然に最適な音を肌で感じることができるように設計された、小型で重低音の力強いワイヤレススピーカーを作り出しました。

長年の研究とこだわりによって作り出してきた技術によって、他のブランドではまねすることができない製品を作り出し、オーディオ機器の代表とも言える地位を築いてきた「BOSE」のワイヤレススピーカーは、一度は試してみたい製品になっています。

SONY

高音質な「ハイレゾ音源」を生み出した有名メーカー!

1946年に東京通信工業株式会社が創業されて、1958年に東京通信工業株式会社から「SONY」に改名されました。「SONY」は、1950年に日本初のテープレコーダーを開発したことで脚光を浴び始め、VAIOなどのパソコンやプレイステーションなどの製品を生み出して、今ではゲーム機で有名なメーカーになりました。

そして、SONYは音楽におけるハイクオリティな音源を世の中に生み出し、高音質な音を少ないノイズで聞くことができるようになりました。SONY独自に生み出された高音質コーデックの「ハイレゾ音源」は、映画やゲームをはじめ音楽を楽しむために、一度は試してみたい製品になっています。

ANKER

低価格に関わらず高音質を再現したワイヤレススピーカー

Anker」は、2011年に設立された会社で、スマートフォンやタブレットをはじめとした電子機器を開発したり、モバイルバッテリーや急速充電器を販売しています。多くの電子機器を低価格で日本に流通してくれている、「Anker」のオーディオ機器の分野においては手に入れやすい価格になっています。

そして、6種類の「SoundCore」を世の中に解き放ち、24時間再生可能な機種をはじめとする、コンパクトで防水機能の付いたモデルなどさまざまな特徴のワイヤレススピーカーを販売していますので、「SoundCore」は一度は試してみたい製品になっています。

ワイヤレススピーカーの総合おすすめ人気ランキング

商品名 高音質 電源の持続性 防水防塵機能 NFC接続のしやすさ メーカーの人気度
BOSE SoundLink Mini Bluetooth speaker ?
SONY h.ear go SRS-HG1
Anker SoundCore 2
JBL FLIP3
Panasonic SC-MC20
1位
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥14,500
(2020/07/02 21:22:19時点 Amazon調べ-詳細)
BOSE「SoundLink Mini Bluetooth speaker?」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で10時間
防水防塵機能 防水防塵機能なし
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 1位

コンパクトで持ち運びやすいおすすめワイヤレススピーカー!

1位のワイヤレススピーカーは、BOSEを代表するSoundLink Mini Bluetooth speaker II」です。この製品は、手にのせられるほどのコンパクトサイズのワイヤレススピーカーです。そして、10時間も連続使用が可能になっているので屋外での使用にも最適です。また、スピーカー内部には「トランスデューサー」機能が付いているため、屋外でも周りの空気を2倍振動させて力のある音を響かせてくれます。

この商品はこんな人におすすめ

「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」は、バッグに入れて簡単に持ち運びができるので、屋外でお気に入りの音楽を再生し、ゆっくりとした時間の中で音楽を楽しみたい人におすすめです。

BOSE『SoundLink Mini Bluetooth speaker ?』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
40代/男性 持ち運びに便利で、屋外で音楽の楽しさを肌で感じることができるスピーカーです
30代/男性 BOSE特有の低音の音質が本当におすすめ

BOSEの「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」は、スマートフォンやタブレットなどBluetoothが搭載されている機器であれば、自由に接続ができ音楽を再生することができます。この機器は、最大8台までの機器を記憶することができいつでも切り替えて接続することが可能です。さまざまな機器と接続して音楽や動画を楽しむためにぜひ一度試してみましょう。

2位
SONY「h.ear go SRS-HG1」 特徴
コーデック SBC/AAC/LDAC
電源の持続性 充電式で12時間
防水防塵機能 防水防塵機能なし
接続機能 Bluetooth/WiFi/NFC/DLNA
メーカーの人気度 2位

ワイヤレスで『ハイレゾ音源』を楽しむ!

2位のワイヤレススピーカーは、「ハイレゾ音源」を楽しむためのSONYh.ear go SRS-HG1」です。この製品は、インターネットを使ってスマートフォンやパソコンなどを接続し、端末に保存されている音楽を高音質の状態で再生することができます。そして、音楽アプリの「Music Center」にも対応しているので、アプリ内にある音楽を、いつでも高音質な音楽を再生して楽しむことができます。

この商品はこんな人におすすめ

SONY『h.ear go SRS-HG1』は、ライブやコンサートの臨場感をいつでも味わうことができる「ハイレゾ音源」をもとめている人におすすめです。

SONY『h.ear go SRS-HG1』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
20代/男性 数時間使った状態でも充電の残量が80%以上残っていた
40代/男性 ハイレゾ音源のおかげでライブ会場にいる臨場感が味わえる

SONYの「h.ear go SRS-HG1」は、音の迫力を感じさせるための「Extra Bass」機能が付いたことによって、ライブ会場にいて音楽を楽しんでいるかのような音を、肌で感じることができます。12時間もの連続再生に十分なバッテリーも搭載しているため、臨場感を味わえるワイヤレススピーカーの「h.ear go SRS-HG1」をぜひ一度試してみましょう。

3位
Anker「SoundCore2」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で24時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 3位

IPX5の防水規格でアウトドアシーンでも音楽を楽しむ!

3位のワイヤレススピーカーは、Ankerの「SoundCore 2」です。この製品は、海水浴やBBQなどのアウトドアシーンでも、安心して使うことができるIPX5の防水規格で、音楽を楽しむことができます。そして、24時間の連続再生が可能なバッテリーが付いていますので、充電切れを心配することなく1日中音楽を楽しむことができます。

この商品はこんな人におすすめ

Ankerの「SoundCore 2」のワイヤレススピーカーは、夏場の海水浴やBBQなどのアウトドアシーンで音楽や動画などを楽しむ人におすすめです。

Anker『SoundCore 2』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
50代/男性 キッチンやお風呂などの水の近くでも安心して使うことができます
60代/男性 高音と低音のバランスの合った音に大満足

これまでにないサウンドを
Ankerの「SoundCore 2」は、メーカー独自の技術を使うことで、高音と低音のバランスの良いサウンドを楽しむことができます。これまでに味わったことがないサウンドを屋外で楽しむためにも、防水防塵機能が付いたワイヤレススピーカーの、Anker「SoundCore 2」をぜひ一度試してみましょう。

4位
JBL「FLIP3」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で10時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 4位

ライフスタイルに合わせて使える豊富なカラーバリエーション!

4位のワイヤレススピーカーは、JBL のFLIP3」です。この製品は、全部で8色ものカラーバリエーションがあり、部屋のインテリアや色味に合わせたり、持ち運んで使う場合には、その日の着ている洋服などに合わせたりと、スピーカーのカラーを選ぶことができます。おしゃれなライフスタイルを送るために、ご自身に合ったカラーのワイヤレススピーカーを選びましょう。

この商品はこんな人におすすめ

JBL「FLIP3」のワイヤレススピーカーは、日常生活において、ファッションやインテリアなどおしゃれに気を配る人におすすめです。

JBL『FLIP3』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
10代後半/男性 デザインやカラーバリエーションをファッション感覚で楽しむことができて大満足
50代/男性 ライブやフェスの臨場感を感じることができるワイヤレススピーカー

JBL のワイヤレススピーカーのFLIP3」は、臨場感を感じさせる透明感のある中音域と高音域のサウンドに、低音域の力強さを足すことによって迫力のサウンドを実現しました。そして、カラーバリエーションが豊富にあるため、おしゃれに屋外に持ち運んでワイヤレススピーカーを使うことができますので、ぜひ一度試してみましょう。

5位
created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥9,054
(2020/07/02 21:22:21時点 Amazon調べ-詳細)
Panasonic「SC-MC20」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で10時間
防水防塵機能 防水防塵機能なし
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 5位

人の声を聴きやすくする「快聴音」機能搭載のワイヤレススピーカー!

5位のワイヤレススピーカーは、PanasonicのSC-MC20」です。この製品は、いままでテレビのスピーカーだけでは聞き取りづらかった人の声を、ワイヤレススピーカーを近くに置くことで、聞きとりやすくする機能「快聴音」が付いています。キッチンなどお部屋のどの場所にいても、TVドラマやニュースなどの声を聞き取るために、「快聴音」機能が付いたワイヤレススピーカーを選びましょう。

この商品はこんな人におすすめ

Panasonicの「SC-MC20」は、テレビに近づいて音声を聞くことができない人が、ドラマやニュースを見るために使う人におすすめです。

Panasonic『SC-MC20』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
40代/男性 キッチンに居ながらリビングのテレビの声を聞くことができるのでとても便利
30代/女性 コンパクトサイズの上、音量を上げても音割れしません

Panasonicのワイヤレススピーカー「SC-MC20」は、本体サイズがコンパクトなのが特徴です。ご家庭内にあるテレビと接続をして、キッチンなどの離れた場所からでも、ニュースのクリアな音声を聞いたり音楽を楽しんだりすることができる、Panasonicの「SC-MC20」をぜひ一度試してみましょう。

高音質のワイヤレススピーカーおすすめ人気ランキング

1位
created by Rinker
BOSE(ボーズ)
¥14,500
(2020/07/02 21:22:21時点 Amazon調べ-詳細)
BOSE「SoundLink Mini Bluetooth speaker?」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で10時間
防水防塵機能 防水防塵機能なし
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 1位

小型化と高音質再生を1つにしたワイヤレススピーカー!

1位の高音質ワイヤレススピーカーは、BOSEの「SoundLink Mini Bluetooth speaker ?」です。この製品は、低音域の振動を抑制する「デュアルパッシブラジエーター」機能が付いているため、臨場感のある重低音で音楽を再生することができます。そして、小型なワイヤレススピーカーにも関わらず、高音質で臨場感のある音楽を連続で10時間再生することができるバッテリーを搭載しています。

この商品はこんな人におすすめ

コンパクトで持ち運びのできる、臨場感のある重低音を再生することができるワイヤレススピーカーを求めている人におすすめです。

BOSE『SoundLink Mini Bluetooth speaker ?』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
30代/男性 コンパクトサイズなのに、臨場感のある重低音が感じられる
10代後半/男性 持ち運びやすいサイズでアウトドアにぴったりです

BOSEのワイヤレススピーカーの「SoundLink Mini Bluetooth speaker ?」を使えば、ドラマや映画をはじめ、ライブの臨場感を肌で感じることができます。コンパクトに小型化されたワイヤレススピーカーは、アウトドアなど屋外の使用で持ち運びしやすくおすすめの製品なので、ぜひ1度試してみましょう。

2位
【エントリーでポイント10倍!12/1 10:00〜1/1 9:59まで!!】【中古】SONY ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB20 (W) グレイッシュホワイト
SONY「SRS-XB20」 特徴
コーデック SBC/AAC/LDAC
電源の持続性 充電式で12時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth/NFC
メーカーの人気度 2位

パーティーを盛り上げるライティング機能を搭載したワイヤレススピーカー!

2位の高音質ワイヤレススピーカーは、SONYの「SRS-XB20」です。この製品は、パーティーシーンを盛り上げるためにスピーカー本体にライトが付いています。そしてパーティーの雰囲気によっては、最大で10台までスピーカーを連動させて大音量で音楽を流すことができます。防水防塵機能が付き、連続で12時間再生が可能ですので、心行くまでパーティーを盛り上げることができます。

この商品はこんな人におすすめ

ワイヤレススピーカー同士を10台まで連動することができるので、パーティーシーンを盛り上げたい人におすすめです。

SONY『SRS-XB20』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
50代/女性 スマートフォンで聞いていた音質とは格段に違ったのでびっくりしました。
30代/男性 「Extra Bass」機能の重低音のバランスがとても良い

SONYのワイヤレススピーカーの「SRS-XB20」は、スマートフォンやタブレットで聞いていた音質とは全然違い、「Extra Bass」機能によって低音や高音のバランスがとてもよく作られています。パーティーシーンを盛り上げるために、SONYの「SRS-XB20」のワイヤレススピーカーをぜひ一度試してみましょう。

3位
Anker「SoundCore2」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で24時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 3位

1日中連続再生が可能なワイヤレススピーカー!

3位の高音質ワイヤレススピーカーは、Ankerの「SoundCore2」です。この製品は、驚愕の大容量バッテリーを搭載していることで、24時間ぶっ通しで再生することが可能になっています。その上、Anker「SoundCore2」は、高音質でクリアなサウンドを再生することができます。防水防塵機能もついていますので、BBQなどのアウトドアシーンで活用するために選びましょう。

この商品はこんな人におすすめ

1日中音楽を再生することが可能になっているため、パーティーやBBQなど盛り上げたいシーンでワイヤレススピーカーを使いたい人におすすめです。

Anker『SoundCore 2』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
40代/男性 音質がとてもすばらしいため、お風呂場で楽しんでいます
60代/男性 ワイヤレススピーカー初心者でも、簡単にペアリングができた

年齢や性別に関わらず、Anker「SoundCore2」は、簡単にスマホやタブレットなどの端末同士を接続できます。そして、防水規格になっているため、キッチンでもお風呂場などの水を使う場所でも使用することができるようになっています。とても便利ですのでぜひ試してみてください。

「防水防塵性能」のワイヤレススピーカーおすすめ人気ランキング

1位
Anker「SoundCore Sport」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で10時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 1位

IPX7の防水規格で雨でも雪でも安心して使えるワイヤレススピーカー!

1位の防水防塵機能付きワイヤレススピーカーは、Ankerの「SoundCore Sport」です。この製品は、IPX7の防水規格を持っているため、30分程度なら水に浸っていてもスピーカー本体に水が侵入しないように設計されています。そのため、海や雪山などアウトドアシーンでワイヤレススピーカーを楽しむことも可能です。

この商品はこんな人におすすめ

スノーボードやシュノーケリング、プールやお風呂場など水辺での使用を目的としている人におすすめです。

Anker『SoundCore Sport』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
30代/男性 夏場の海やBBQなどのアウトドアシーンに活躍してくれています
50代/男性 お風呂でラジオやドラマを見るのに活用しています

Ankerのワイヤレススピーカー「SoundCore Sport」は、IPX7の防水防塵規格のおかげで、海やBBQをはじめとしたアウトドアシーンやお風呂など日常シーンでも大活躍です。リラックスしながらラジオやドラマなどを見るのに使用したり、さまざまに活用することができるのでぜひ一度試してみましょう。

2位
ZENBRE「D5」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で40時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 2位

「衝撃耐性付き」の防水防塵ワイヤレススピーカー!

2位の防水防塵機能付きワイヤレススピーカーは、ZENBREの「D5」です。この製品は、防水規格がIPX7とAnkerのスピーカーと同じですが、防水に加えて衝撃にも強い設計で作られたワイヤレススピーカーです。衝撃耐性が付いていることで、海やBBQでの使用の他に、登山やマウンテンバイクなど、落下しやすい環境でも気にすることなく使うことができるようになっています。

この商品はこんな人におすすめ

海やBBQ以外に、マウンテンバイクや登山などのよりアクティブな使い方をしていきたい人におすすめです。

ZENBRE『D5』の口コミ・評判

年齢・性別 調査した口コミ
20代/男性 お風呂場での使用中でも音割れすることなく使えています
40代/男性 キャンプのために購入。自然の中で楽しく使用しています

ZENBREのワイヤレススピーカーの「D5」は、IPX7規格の防水機能で水場での使用はもちろんのこと、キャンプなど屋外で気にせず使用することができます。防水機能が付いたワイヤレススピーカーでも音割れすることなく、楽しむことができますのでぜひ一度試してみましょう。

3位
JBL「GO2」 特徴
コーデック SBC
電源の持続性 充電式で5時間
防水防塵機能 防水防塵機能あり
接続機能 Bluetooth
メーカーの人気度 3位

カラーバリエーションが豊富な防水ワイヤレススピーカー!

3位の防水防塵機能付きのワイヤレススピーカーは、JBLの「GO2」です。この製品は、店舗限定の商品を含めて全部で12色の中から好きなカラーのスピーカーを選ぶことができます。連続再生時間は5時間と短めではありますが、防水機能はAnkerやZENBREのスピーカー同様にIPX7の防水規格を持っています。そして、JBLの「GO2」は、好きな色を選ぶことができるので、ファッション感覚で選んでみましょう。

この商品はこんな人におすすめ

カジュアルなファッションのアクセントとして、アクセサリー感覚で12色の中からカラーバリエーションを選びたい人におすすめです。

JBL『GO2』の口コミ・評判

年齢・職業・性別 調査した口コミ
50代/男性 海水浴場で砂浜の上やパラソルに引っ掛けて使っている
40代/女性 コンパクトに持ち運べて、簡単で使いやすい

JBLのワイヤレススピーカーの「GO2」は、他のスピーカーと同様にIPX7の防水規格を持っていながら、コンパクトで軽量設計になっているので使いやすいです。海水浴場の砂浜や日よけのパラソルに取付けたり、アウトドアシーンに使って楽しむことができますので、ぜひ一度試してみましょう。

自分に合ったワイヤレススピーカーを見つけよう!

たくさんの人気・おすすめのワイヤレススピーカーをご紹介していきましたが、参考になりましたでしょうか?ワイヤレススピーカーは、メーカーによってもサイズや音質などが違うため、悩んでしまうでしょう。自分の求めているワイヤレススピーカーの条件をできるだけ明確にし、選び方のポイントを参考に自分にぴったりなワイヤレススピーカーを見つけていきましょう。

関連記事