ライフスタイル

美白クリームのおすすめは?ケアのポイントをおさえ透明感のある肌へ

美白成分の役割

シミの原因となるメラニンの生成を抑える

女性にとって紫外線は美容の大敵として、広く知られています。それはなぜなのか皆さんご存知でしょうか?

肌老化の原因の80%が紫外線による光老化によるものです。一度肌に受けた紫外線は記憶として残りリセットされることはありません。

それらのメラニンの生成を抑制してくれるのが、美白クリームです。しかし、これだけ塗れば大丈夫というものではありません。

紫外線対策には生活習慣や肌のコンディションも関係しますので、スキンケア全体を見つめ直しながら考えていきましょう。

▼さらに詳しい解説はこちら
メラニンを徹底解説。メラニンの構造を理解して、適切な対策をしよう

日焼けによるシミやそばかすを予防する

普段の生活で生成されるメラニンは、ターンオーバーの働きで排出されます。しかし紫外線を過剰に受けてしまうと肌の細胞が酸化を起こします。

これが日焼けの簡単なメカニズムなのですが、この酸化が原因でメラニンが生成されてしまうとシミやそばかすの原因になってしまいます。

それらを抑制することで、シミやそばかすを予防してくれるのも、美白クリームの働きです。

美白クリームのデメリット

定着してしまったシミは改善できない

肌の表面出てきているシミはもちろんですが、長年積み重ねられてきた紫外線の影響で、肉眼では見えないシミも肌には存在しているのです。ある日突然肌にシミができていたというのはこれらの影響によるもの。

また定着してしまったシミは、皮膚の構造自体が変化してしまってる物が多く、美白化粧品では改善するのは困難です。

シミは初期段階で、日常からケアしていきましょう。

シミを短期間で目立たなくすることはできない

実際にシミができてしまったら、すぐにケアすることをなによりオススメします。

しかし、シミのケアの効果を実感するには、とても時間がかかります。

そのため、根気よく毎日ケアすることが、シミを目立たなくさせるためには効果的と言えるでしょう。

美白クリームを選ぶときのポイント

医薬部外品と書かれているものを選ぶ

一般的にスキンケア用品には「化粧品」と「医薬品」と「医薬部外品」という3種類の扱いに分けられています。

医薬部外品とは…

■厚生労働省が認可した効能や効果に有効な成分が、ある一定の濃度で配合されているもの。
■治療というよりは防止を目的に作られているものが多いため、効能は緩やかなものがほとんど。

という形になっています。

またよく見かける「薬用」と表記のあるスキンケア商品は、医薬部外品で認められているという表示になりますので、こちらの医薬部外品のカテゴリーに属するものです。

使いたい部位に合わせて選ぶ

一般的な美白クリームにはフェイス用とボディ用があります。ボディ用を顔に使用すると、肌への過剰な刺激が心配されます。またフェイス用を体に使用することは刺激は穏やかかもしれません。しかし、十分に効果を実感するのにかなり時間を要する可能性があります。

十分な効果やトラブルを避けるためにも、部位に合わせたものを使用しましょう。

乾燥を防ぐ保湿効果の高いものを選ぶ

シミ対策の基本は保湿対策が重要である。ということを皆さんご存知ですか?保湿ケアと美白は切っても切れない関係にあります。

肌のバリア機能が保たれたプルプルの肌には美容成分が、十分に浸透してくれるでしょう。しかし、その逆だとどうでしょう。乾燥した砂漠のような肌には美容成分をいくら塗っても、きちんと浸透はしてくれません。

またバリア機能が下がった肌は、紫外線をバリアする力もなくなっているので肌深部まで、紫外線ダメージを受けやすくなってしまっています。バリア機能を保つことが美白への近道ということです。

クリームを選ぶ際も保湿効果の高いものを選びましょう。中でも

・刺激が少なく、保湿力や浸透力の高いヒト型セラミド
・ハリを保ち、肌の健康を保つコラーゲン
・高い保水力を持つヒアルロン酸

は「肌の3大保湿成分」とも呼ばれていますので、ぜひ取り入れていきましょう。

肌の弱い人は美容皮膚科で相談する

肌が弱く刺激などが気になる敏感肌の方は、美白成分なども気にかかると思います。

敏感肌の方は肌のターンオーバーが乱れている場合も多く、そのことがシミやくすみの原因となってる場合もあります。その場合は迷わず美容皮膚科で相談しましょう。自身の肌に合うような低刺激のものを処方していただけるのはもちろん、パッチテストを受けることも可能です。また担当医の方から自身の合う塗り方なども直接アドバイスいただけます。

ただし美白目的の診療は、保険適用外になることがほとんどです。自費での負担になるという事は、念頭に置いてくださいね。

クリームに使用される美白成分の主な種類

メラニン生成を抑えるアルブチン

アルブチンは主に植物から、抽出される成分です。メラニンが生成されるときにはチロシナーゼという酵素が発生するのですが、アルブチンはこの酵素の働きを抑制する効果があります。そのため、メラニンの生成そのものを防いでくれるのです。

そのため、できてしまったシミへの効果は期待できません。しかし、シミの発生自体を抑制してくれるので、その美白効果の高さから、多くの化粧品にも利用されています。

炎症を抑えて肌荒れを補修してくれるトラネキサム酸

トラネキサム酸はアミノ酸の一種で、美容皮膚科などでシミや色素沈着を改善するという目的で使用されています。トラネキサム酸はプラスミンの働きを抑制する効果があります。プラスミンは炎症反応を引き起こしたり、皮膚の色素沈着やシミの原因にも関与しているといわれています。

このプラスミンも働きを抑制することにより、肌の炎症を抑え、肌荒れを補修しながら、色素を還元するというのがトラネキサム酸なのです。

プラセンタエキス

プラセンタとは英語で「胎盤」を意味します。栄養の宝庫と呼ばれている哺乳類の胎盤から、栄養成分などを高濃度で抽出したのが、このプラセンタエキスです。

プラセンタエキスには抗炎症作用の他、ホルモンバランスを整える効果。またコラーゲンやヒアルロンさんも多く含まれていることから、最近はスキンケア用品にこのエキスが使用されています。

またホルモンバランスを整えることにより、肌のターンオーバーを整えメラニンを含んだ古い角質の排出を促すので、美白効果も期待できます。

ビタミンCを肌に吸収しやすくしたビタミンC誘導体

ビタミンCが美肌に欠かせない成分だということは、ご存知の方も多いはず。しかしビタミンCは水溶性であり、化粧品に配合するには不安定なものでした。

そのビタミンCを人工的に改良し、安定化させ肌の深くにまで浸透させることを可能にしたのがビタミンC誘導体です。抗酸化作用、メラニンの生成を抑制、ターンオーバーの促進など、美白効果はもちろんのことですが、コラーゲンの生成を促すなど美肌の欠かせない効果が豊富に含まれています。

▼さらに詳しい解説はこちら
化粧水で肌美人に。悩みを解決してくれるビタミンC誘導体とは

美白効果が特に高いハイドロキノン

ハイドロキノンは皮膚を紫外線の損傷から守る性質があります。そのためシミ、そばかすの治療に多用されており「肌の漂白剤」ともいわれています。

漂白剤と聞くと刺激が気になるかと思いますが、体質に合わなかったり濃度が高すぎるものを使用すると、症状の悪化が懸念されるのも事実です。場合によっては肌の色素沈着を招くこともあります。

とても美白効果が高い成分ではありますが、間違った使い方はトラブルの原因になりかねません。パッチテストを行うなどして、安全に使用しましょう。

美肌効果に有効なオススメの美白クリーム

美白クリーム選びのポイントは…

・美白成分配合
・なるべく低刺激成分
・保湿成分も配合

日常使いできるような低刺激で、保湿成分も配合。もちろん美白成分もしっかり配合された美白クリームを厳選してみました。

HAKU メラノフォーカス3D 30g

美白有効成分のm-トラネキサム酸が配合。美白有効成分を肌の奥まで届けることで、メラニンの生成を多方面から抑制します。保湿成分も配合されており、しっとりとした透明感のある、生まれたてのような肌へ導きます。
HAKU メラノフォーカス3D 30g

DECENCIA サエルホワイトニングクリームクリアリスト 30g

created by Rinker
¥7,108
(2020/04/09 17:54:46時点 楽天市場調べ-詳細)

高い保湿力が水が溢れだすように浸透し、友好成分を逃すことなく、寝ている間に肌をじっくり奥まで美白しダメージもリセットします。また肌機能の低下を招く酸化も抑制してくれます。肌の修復を徹底的にサポートし、美白有効成分が肌内部まで届き潤いと透明感に導く薬用美白ジェルクリームです。
DECENCIA サエルホワイトニングクリームクリアリスト 30g

トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム 35g

【定形外郵便/送料無料】※日時指定不可トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム 35g*

トラネキサム酸配合でメラニンの生成を抑制する夜用美白クリーム。透明パック効果で肌を包み込むことで、一晩中しっかりケアしてくれるとともに、シミやそばかすを防ぎます。アレルギーテスト済みで、肌への優しさを考えた処方です。
トランシーノ 薬用ホワイトニングリペアクリーム 35g

 

美白クリームを有効的にするポイント

化粧水や乳液でしっかり保湿してから塗る

美白成分を十分に肌に浸透させたいのならば、欠かせないのが保湿です。そのため美白クリームはスキンケアの最後、化粧水や乳液でしっかりと潤った肌に塗りましょう。

最後に使用することで、先に使ったアイテムの保湿効果をアップさせるとともに、肌が保湿されていれば美白効果もより肌の深部まで浸透してくれます。

▼さらに詳しい解説はこちら
美白クリームに保湿力あり。しっかりとしたスキンケアで輝く素肌へ

肌がかさつき始める前に塗る

一度でも肌がかさついてしまうと、回復するのに時間がかかってしまいます。また一度かさついた肌にクリームを塗っても効果が半減するという話は先程させていただきました。

お風呂上がりはついつい顔のスキンケアに重点を置きがちですが、ボディー用の美白クリームを脱衣所に置いておくなどして、かさつく前にボディーのケアも早めに行うことを意識しましょう。

バスルームで軽くタオルで拭いた肌に、すぐ直接クリームを塗るのがオススメです。

美白成分や用法を確認して使用する

早く効果を実感したいからと、複数の化粧品をやみくもに使ったりするのはやめましょう。

複数の化粧品を使う事によって、美白成分を過剰に摂取してしまうことになってしまったり、成分同士が反応してしまい、思わぬ肌トラブルが引き起こされることもあります。また場合によっては肌が炎症を起こし色素沈着が起こるケースも。

美白クリームは用法をしっかり守り、また日常でも日焼け止めクリームを欠かさないなど紫外線ケアをしっかりしたうえで使用していきましょう。

美白クリームに効果プラスしたい生活習慣

蒸しタオルを顔に当てて血行をよくする

朝のメイク前や夕方鏡を見ると、どんよりとくすんだ顔…。またメイクを落とした後、夜のくすみ顔が悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そんなときは蒸しタオルで血行改善しましょう。メイク前や洗顔前に蒸しタオルを当てることで、血行が促進され、くすみだけではなく目元の頑固なクマの改善にもなります。

また洗顔前に行うことで、毛穴の汚れを落としやすくなる効果もありますよ。

日傘や日焼け止めを使って紫外線対策もする

肌に紫外線を浴びさせない対策は、美白ケアでなによりも重要です。日傘や日焼け止め、帽子等でしっかりと紫外線対策をしましょう。

また紫外線は目からも吸収されるといわれているのをご存知ですか?目から吸収された紫外線ももちろん肌に蓄積されます。紫外線が強い夏場などは、サングラスで目から入る紫外線を予防しましょう。

日常的に紫外線対策を見つけることで、シミくすみ対策の効果も実感しやすくなるでしょう。

規則正しい生活とバランスの摂れた食生活を心がける

紫外線などの外的刺激に負けない肌になるためには、ターンオーバーを整えることが大切です。

そのためにも、規則正しい生活とバランスの摂れた食生活を心がけましょう。特に適度な運動や美白に必要なビタミンを食事でも取り入れてみたり、毎晩ぬるめのお風呂につかってしっかり疲れを取ることで睡眠の質を上げてみたり。

すぐに全てを取り入れるのは大変かもしれませんが、1つずつ取り入れていくことで、身体の内側から綺麗になっていくことでしょう。

日本と韓国の美白クリームの違い

基準が異なるため配合成分や添加物が違う

美容大国として近年人気の韓国コスメですが、使用する際には注意する点もあります。まず日本と韓国では薬事法が違うということです。

国が違えば法も違うのは当たり前ですよね。特に薬事法の関して、日本は他国に比べて成分基準が厳しいことは有名です。また宣伝の表現基準も韓国に比べると、規定は厳しくなっています。

日本の販売店で購入可能な化粧品は、日本の薬事法に準ずる方法で製造されたものがほとんどなので、安心してください。メーカーが日本で販売するために、成分や広告の基準をしっかり整えているためです。

しかし現地で購入したものやネットで個人輸入したものなどを使用する際には、成分をしっかりと全て調べるようにしましょう。

韓国製品は色白の人向けのものも多い

日本と韓国は、気候や生活習慣が違います。そのため、韓国女性は日本女性に比べると、色白の人の割合がとても多いのです。

そのため韓国製化粧品の多くは、韓国人の色白肌に基準を合わせたものになっています。韓国製のベースメイクコスメなどを使用の際は、自身の肌色に合ったものを選ぶように注意しましょう。

ドラッグストアで買える美白クリームのタイプ

保湿や美白のどちらかに特化したものが多い

日常的に美白クリームをスキンケアに取り入れるなら、プチプラでコスパがいいに越したことはありません。ただドラッグストアで購入できる美白クリームの多くは、保湿や美白のどちらかに特化したものが多いのです。そのため自身の肌に必要な成分を、しっかりと見極めることが必要になってきます。

合成成分が多めに配合されている傾向もある

合成成分とは、天然成分の良い部分を生かしながら、科学的な弱点をなくし安定させた成分のことです。

天然成分というのはそのままでは肌の刺激になることも多く、それらを安定した成分にしてくれるのが合成成分です。しかしこちらが過剰に配合されていると、もちろん刺激になり肌トラブルの原因にもなりかねません。

合成成分がどれだけ含まれているかを、購入前にしっかり調べることも大切です。

美白クリームを上手に使いこなして少しずつ明るい白肌へ近づける

美白ケアは即効性があるものではなく、またその人の肌状態も大きく影響するので、「ずっとしているのに、全然変わってない…」と思われる方も多いと思います。しかし毎日しっかりとケアしていけば、効果は確実に現れます。美白ケアは継続が大切。面倒でも毎日続けることが、ポイントになります。

また美白クリームの効果をしっかり実感するためには、土台の肌が何よりも重要です。生活環境を見直すのも大切ですが、特に乾燥と紫外線は美白の大敵ですので、日ごろからしっかり予防しましょう。

美白は1日にして成らず。きちんとポイントを抑えたケアを、日常的に取り入れて、透き通る肌を手に入れましょう。

関連記事