ライフスタイル

おすすめなピーリングジェルまとめ。ターンオーバーを促進させよう

ピーリングの効果

洗顔では取り切れない古い角質や汚れを取る

ピーリングは、古い角質や肌に残った汚れを剥がして取るという効果があります。肌のターンオーバーというのは、肌の表面の角質が剥がれ落ちることで新しい細胞が作られるという作用で行われています。

健康な肌の角質は自然にはがれていきますが、肌の衰えによってターンオーバーが遅れると、肌の角質細胞がはがれるのが遅くなってしまいます。そこでピーリングによって角質をはがし、新しい細胞の生成を促そうというのがピーリングによるケアなのです。

肌本来の姿へ近づける

古い角質をピーリングで取り除くことによって、新しい細胞が表面に現れるようになります。肌本来の正常な角質で構成された肌になることで、肌トラブルが改善し本来の健やかさが戻ってくることが期待できます。

ピーリングの種類

レーザー照射による「レーザーピーリング」

ピーリングは角質をはがすことですが、角質の剥がし方にはいくつか種類があります。レーザーを照射してピーリングする「レーザーピーリング」というのは、特殊なローションを肌に塗ってからレーザーを照射し肌の毛穴汚れや古い角質を飛ばして除去するという方法です。

また、レーザーの熱が肌のコラーゲン生成を活性化させることによって、ターンオーバーが活性化させられたり肌にハリが戻り毛穴が目立たなくなったりというメリットも期待できます。こちらは自宅では行えず、美容皮膚科ならではのピーリング方法になります。

薬剤塗布による「ケミカルピーリング」

ケミカルピーリングと呼ばれるものは、酸性の薬剤を肌に塗って肌の角質をはがすという方法で行います。こちらは自宅で自分で行えるピーリング方法です。

使われる薬剤は、クエン酸や乳酸、リンゴ酸、グリコール酸などまとめてフルール酸、AHAなどと呼ばれるものです。
酸の濃度によって効果も異なり、濃度が薄いと穏やかな作用ですが敏感肌の人でも安心してピーリングできます。効果の強いのは濃度の高い酸ですが、その分肌への刺激が強くピリピリしたり肌荒れするリスクもあります。自分にちょうど良い濃度のピーリング剤を見つけることが大切です。

たとえ薄い濃度のピーリング剤でも、定期的に繰り返し使用することで濃い濃度のピーリング剤と変わらない効果が現れることも確認されていますから、肌の弱い人は無理して強いピーリング剤を使わず、弱めのピーリングを定期的に継続するという方法がいいでしょう。

ピーリングのメリット

ターンオーバーを促し、新陳代謝を上げる

ピーリングのメリットは、ターンオーバーを促すことです。それによって新しい健康な細胞が作られて、肌本来の健康さが戻ってきます。そのためピーリングを定期的に続けることで以前よりも肌が強くなるというメリットもあります。

肌荒れやニキビを改善する

ピーリングで肌が健康になってくるにつれて、肌の水分バランスも整ってきます。そうすると乾燥からくる肌荒れやニキビ、皮脂分泌過剰によるニキビなども改善してきます。

メイクのノリをよくする

ピーリングによって古い角質や汚れが落ちると、肌がつるつるしてメイクのノリが良くなるというメリットもあります。最近メイクのノリが悪いと感じる場合は、一度ピーリングで溜まった角質をすっきり除去してみるといいでしょう。ピーリングをした人たちの感想では、肌のトーンが明るくなり、つるつるな肌が顔を出すというものもあります。

ピーリングのデメリット

角質を過度にはがし、敏感肌になりやすい

ピーリングのデメリットは、本当にピーリングを必要としていない肌に対してまでピーリングをしてしまうと角質が過度にはがれてしまい、敏感肌になってしまうリスクがあるということです。

本当にターンオーバーの遅れからくる肌の不調なのかを見極める必要があります。もしピーリングをしてヒリヒリと肌に刺激を感じたり、敏感肌になってしまうようならピーリングが必要ないということです。あるいは少し酸の濃度を低くしたり、ピーリングの間隔を空けたりする必要があります。

薬剤の刺激が強い

ピーリング剤は製品によって濃度が様々です。自分の肌に合わない製品を使うと本当に肌に刺激が強くてむしろ肌が過敏になってしまいます。自分の肌に合うピーリング剤を見つけることが大切です。

肌のバリア機能をはがしてしまう

ピーリングで肌のバリア機能は一時的にはがれてしまいます。そのためピーリング後は特に乾燥しやすいのです。念入りに保湿ケアをしたり、紫外線に当てないようにUVケアをしっかりしないと、逆に肌トラブルの原因になってしまうこともあります。肌のバリア機能が弱ってしまうことを理解したうえで、ピーリングのアフターケアを大切に行いましょう。

肌の弱い人、アトピーの人は使ってはいけない

ピーリングは、肌の弱い人やアトピーの人は使わない方がいいでしょう。敏感肌の人は肌がヒリヒリして痛みが出ることもありますし、乾燥肌の人は肌がカサカサになってしまうこともあります。
すでにそのような肌の症状が現れている場合、普段から洗いすぎなど過度なスキンケアをしている可能性が高いようです。今一度、スキンケアが過剰になっていないか見直しましょう。肌をゴシゴシ洗顔したり、パッティングして肌に負担をかけていないでしょうか?また、洗顔料の成分も見直し、合成界面活性剤によって肌のバリアが壊れていないかなどを確認してみましょう。

ピーリングを行う時の注意

肌の弱い方はパッチテストを行う

ピーリングの前に、パッチテストを行ったほうがより安全です。パッチテストは、入浴後のきれいな肌の二の腕の内側に、10円玉くらいの大きさに試したいピーリング剤を薄く塗布します。

自然に乾くまで置いてから洗い流し、丸一日~丸二日経過した後に二の腕に赤みやかゆみが無いようなら普通に使用しても大丈夫です。あるいは、クレンジング機能のある製品の場合は二の腕の内側に塗布してから5分で洗い流します。

ピーリング剤にもさまざまなタイプがあり、洗い流さないタイプや洗顔料のように使うタイプもあります。パッチテストは顔に使うのと同じくらいの置き時間で洗い流し、その後24時間~48時間の肌の状態を見て大丈夫か判断しましょう。

洗い流さない美容液タイプのピーリング剤は、二の腕の内側に48時間密着させた後にさらに24時間~48時間後の肌の状態を確認するという方法で行います。

使用頻度と使用方法を守る

ピーリング剤は製品によって、濃度も効果の強さもまちまちです。ですから製品に記載されている使用頻度は必ず守りましょう。毎日使えるものもあれば、週一を推奨している製品、月一の頻度のピーリング剤もあるでしょう。

そして使用方法を必ず守り、塗布する時間の目安以上に放置しないようにしましょう。安全に使用するためにも、お使いになるピーリング剤の説明書をよく読んで使用してくださいね。

ゴシゴシこすり過ぎない

普段の洗顔もそうですが、肌をこすると細胞間脂質と呼ばれるセラミドなどの保水成分が流れていってしまいます。

なのでゴシゴシ顔をこすると肌に悪い影響を与えることは間違いありません。ましてやピーリング剤を使うのですから刺激は普通の洗顔より強いです。肌を強くこすらないようにし、なるべく軽い力でくるくるとなじませるようにしましょう。

使用後は保湿をしっかりとする

ピーリング剤を使用した後は、しっかり保湿を心がけましょう。バリア機能が一時的に弱まっているので、乾燥しやすくなります。化粧水、美容液、乳液、クリーム、あるいはオールインワンゲルなどを使い、普段通りにしっかり保湿ケアをしましょう。

「ロゼット」のピーリングジェル

コストパフォーマンスの良さ

ロゼットのピーリングジェルは、コストパフォーマンスが高くて600円台というリーズナブルな価格で購入できます。そのためピーリングをとりあえず試してみたいという人でも気軽に挑戦できますね。

ドラッグストアで購入可能

ロゼットのピーリングジェルは、ドラッグストアなど市販でも購入することができます。ピーリングジェルの中にはネット通販限定の物も数多くありますが、ロゼットはお近くのドラッグストアでも購入できる身近なピーリングジェルです。

優しく角質をはがす果実AHA成分

肌に比較的やさしいピーリング剤であるフルーツ酸が使われています。そのため、肌にやさしく古い角質を落とすことができるのです。ジェルタイプなので摩擦もなく、ポロポロと角質がはがれてターンオーバーを促します。

ロゼットゴマージュモイスト 120g

ロゼットのゴマージュモイストというピーリング剤は、果実AHAの働きで古い角質を落とす効果があります。豆乳発酵エキス配合で、しっとり潤いながらさっぱりした肌に仕上げます。化粧水の浸透が良くなり、化粧ノリが良くなることでも評判です。

ロゼットゴマージュ 120g

ロゼットゴマージュは、果実AHAの働きで古い角質を落とします。茶葉エキス配合で、肌を保湿しながらすっきりとした肌に仕上げます。角質がボロボロ取れるのが楽しく、そのあとは本当に肌がつるつるになると評判です。

Cureのピーリングジェル

敏感肌でも使える優しい使い心地

Cure製品は、評判の良さが魅力のピーリングジェルです。肌へのやさしさが特徴で、ポロポロと古い角質が除去できます。くすみをオフしてスッキリクリアな肌へ。

ナチュラルアクアジェルCure 250g

Cureのピーリングジェルは、肌を傷つけることなく優しくピーリングします。ジェルを肌に塗ってクルクルとマッサージしているうちに液体になっていき、角質がポロポロと塊になって剥がれていきます。使用後は肌がつるつるになると定評があり、使用後はしっかり保湿することで化粧ノリもアップします。

クレイタイプのピーリングジェルの良さ

毛穴の汚れを吸着する力が強い

ピーリングジェルにもさまざまなタイプがありますが、クレイ(粘土)タイプのピーリングジェルの場合はクレイ独自の良さがあります。クレイはマイナスイオンを帯びていて、肌の古い角質や菌、汚れなどプラスイオンを帯びているものを吸着すると言われています。さらに、肌の奥に潜む毒素なども吸い出すという性質もあり、デトックスにも用いられることが多いのがクレイの特徴です。

肌に優しく、毎日使っても大丈夫。

クレイというのは、肌にもやさしく汚れをしっかり吸着してくれます。クレイはミネラルがたっぷり含まれている泥なので、合成界面活性剤や石鹸のように肌に必要な皮脂、細胞間脂質(セラミド)まで奪ってしまうことがありません。毛穴の皮脂汚れを吸着するのにもとても良いアイテムで、ニキビの予防や改善にも良く用いられています。

合成界面活性剤不使用のものが多い。

クレイ自体にマイナスイオンによって汚れを吸着する力があるので、合成界面活性剤のような肌に刺激になる洗浄剤は含まれていない製品が多いのもクレイの魅力です。

合成界面活性剤は、肌のバリアを壊してしまうということで知られており、避けている人も多いですよね。しかし合成界面活性剤不使用で肌にやさしいものは、洗浄力もいまいちで物足りないということもあります。クレイというのは、肌に優しい上に汚れをしっかり取り除けるという良さがあります。

おすすめのクレイタイプのピーリングジェル

パワーマスクSP 125g

ラッシュのパワーマスクSPという製品は、全身に使えるのが特徴でカオリンというクレイが配合されています。

合成保存料に頼らず鮮度を保つセルフプリザービング処方の製品で、顔だけでなく体にも使えるフェイス&ボディスクラブです。

小豆を砕いた粒子やメマツヨイグサの種子によって肌の角質をやさしくオフするピーリング作用があります。さらに蜂蜜、ペパーミントオイルを配合。

人によってはスクラブによって肌にダメージがあるという感想も目立ちますが、ペパーミントオイルがスーッとして夏にはとても心地よいという評価の高い感想も。

また、肌に合う人はこのスクラブを使用した後すぐに肌がふっくらし柔らかくなるなど、これまでにない効果を実感できる製品のようです。

ガスール粉末 150g

ナイアードのガスール粉末タイプです。モロッコから採れる粘土が肌の汚れをやさしく落とし、クレイの持つミネラルが肌をしっとりなめらかに洗い上げます。水に溶けやすく計量しやすいというのが特徴です。クレイの細かい粒子が小さな毛穴にも入って汚れを落とすような感じが気持ちよいと好評です。

ブラックシュガーパーフェクトエッセンシャルスクラブ2X 210g

SKINFOODのブラックシュガーパーフェクトエッセンシャルスクラブ2X
は、人気のスクラブ製品がさらに肌にやさしく、しっとりと仕上げるように改善されています。古い角質を除去し、生まれ変わったようなツルツルとしたなめらか肌へ。

使用した人によると、乾いた肌に使うとスクラブが痛いですが、顔が水分で濡れた状態で使用すると肌への刺激が和らぐとのことです。仕上りはツルツルでうるおいが残ります。

その他おすすめのピーリングジェル

タカミスキンピール 10ml

created by Rinker
タカミ
¥4,390
(2020/07/09 09:46:42時点 Amazon調べ-詳細)

タカミの毎日使えるタイプの美容液は、洗い流し不要で角質をケアします。使い方は、洗顔後に肌に塗ってなじませるだけなので肌にやさしく使いやすいのが特徴です。

日々汚れが蓄積しマイナスに傾きがちな肌をしっかりケアし綺麗な本来の肌に導きます。周期ニキビに効果があったという感想も。

アクアピールモイスチャーピーリングジェル 300ml

ナチュレーヌの高保湿美容液は、毎日の洗顔だけではどうしても残ってしまう角質を肌にやさしくオフします。成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、スクワラン、ローヤルゼリーなど保湿作用の高い成分を配合。肌にやさしくなじませるとポロポロと角質が出てきます。使用後、肌が突っ張らないでつるつるになる、敏感肌でも使えると定評があります。

ウォッシュクレンジング 120g

クレンジングリサーチのウォッシュクレンジングは、AHAに酵素を加えて毛穴の奥の汚れまで取り除きます。酵素マッサージ効果をプラスしていて、泡でしっかりとメイクも肌の汚れも取り除けます。使用感はうるおいもあり、乾燥しないと好評。他の洗顔料では肌荒れしてしまう人も愛用しています。

Remei InBathPeelingGel(リメイ インバスピーリングジェル) 250ml

アンドシームのリメイは、週一くらいの頻度で使う全身に使えるピーリング剤です。濡れた手、濡れた肌でも使えるという手軽さが魅力。ヒアルロン酸、コラーゲン、3種のセラミドなど加齢によって肌に不足しがちになる成分や、3種のオーガニック植物成分配合で、肌を労りながらやさしく古い角質をオフします。使ってすぐに、肌がワントーン明るくなった、化粧ノリが良くなったという感想も。

ピーリングを取り入れて「調子のいい肌」を目指そう

ピーリングは自宅でも行うことができ、肌のくすみをオフしたりメイクのノリを良くしたりという効果が期待できるんですね。肌のターンオーバーが滞っていると感じる人はスキンケアにピーリングを取り入れてみましょう。刺激が強いと肌に逆効果になるので、自分に合ったピーリング剤をお使いください。

関連記事