ライフスタイル

人気のおすすめ洗顔料ランキング。自分に合った洗顔料を探そう

市販されている洗顔料の種類

固形タイプの洗顔石鹸

アルカリ成分が他の洗顔料と比べて強く、汚れをしっかりと落としてさっぱりとした洗い上がりにしてくれる固形タイプの洗顔石鹸。洗浄成分を一つの塊にして作られており、形は四角い形のものや丸みを帯びたものなどがあり、香りや色も商品によって異なります。

固形タイプは泡立てるのに時間がかかると言われていますが、キメの細かい泡を作るために泡立てネットなどを使うとしっかり泡立てることができます。洗浄力が強く汚れや皮脂などをさっぱり落としてくれるため、オイリー肌や一部がオイリー肌になっている混合肌の人に最適な洗顔料です。

クリーム状の洗顔フォーム

容器やチューブに入っていて最後まで清潔に使い切ることができるクリーム状の洗顔フォーム。市販の洗顔料の中では、保存のしやすさや使いやすさなどから、クリーム状の洗顔フォームは一番多く販売されています。

泡立てネットなどを使わなくても、好きな量を手に取ってすぐにキメの細かい泡を作ることができ、汚れを取り除きながら、保湿成分や美白成分が含まれた柔らかい泡を浸透させやすくしてくれます。配合されている保湿成分や美白成分などは商品ごとに異なりますので、自分の肌質に合ったものを選ぶことが可能です。

粉末状の洗顔パウダー

水分が含まれていないため防腐剤などの添加物が少なく、低刺激の使用感の粉末状の洗顔パウダー。石鹸を粉末状にしたタイプのもので、洗浄力の高い酵素が配合された商品が多いのが特徴です。

酵素の力で余分な角質や皮脂などを取り除き、正常なターンオーバーに整えやすくなりますが、水分を含んでいないことから泡立てにくさがあります。泡立てる時には、泡立てネットに水分をたっぷり含ませて、両手で空気を含ませながら揉みこむように泡立てて、様子を見ながら水分を足していくようにすると細かく柔らかい泡が作りやすくなります。

ジェル状の洗顔リキッド

クリーム状の洗顔料と同様に量が調整しやすく、爽やかな清涼感が心地よいジェル状の洗顔リキッド。水分が多く含まれており、水分の多いジェルが余分な皮脂や角質を優しく取り除いていきます。また、泡立ちを良くする化学成分なども含まれていないことから、低刺激な心地よい洗浄力が特徴的です。

中には、洗浄力が強い商品もありますが、洗浄力は他のタイプのものと比べると弱く、乾燥肌の人や肌の弱い人には最適ですが、余分な皮脂や角質などが詰まりやすいオイリー肌や混合肌の人は使用感が低く感じられる場合があります。

ポンプから出てくる泡タイプ

ポンプから出した瞬間からキメの細かい泡ができあがっているため、泡立てなくても簡単に使用ができる泡タイプの洗顔料。泡立てに手間や時間をかけなくても手軽に洗顔ができることから、朝の忙しい時間などに便利です。

しかし、泡立ちを良くするために添加物の発泡成分や化学成分などが含まれており、成分によっては刺激や洗浄力が強く感じられることから、敏感肌の人や肌の弱い人は使用を控えた方が良いでしょう。

粒子の含まれたスクラブタイプ

粒子状の細かいスクラブ成分が配合されているスクラブタイプの洗顔料。肌の上に細かい粒子を滑らせることで、表面の汚れや古い角質などを取り除いてくれます。古い角質などが溜まることで起こる肌のざらつきやごわつきを改善してくれるので、肌を滑らかな状態に整えてくれます。

しかし、洗浄する際に粒子状のスクラブが肌を強く摩擦してしまい、強い刺激やダメージを与えてしまいます。そのため、肌の弱い人や敏感肌の人には適さない洗顔方法と言われています。成分や粒子の大きさ、柔らかさなどは商品ごとに異なりますので、肌質や自分に合ったスクラブ洗顔料を選びましょう。

自分に合った洗顔料の選定ポイント

皮脂量に合わせて洗浄力の強さを選ぶ

洗顔料には、刺激が弱く汚れの落ちがマイルドな弱酸性のものと、洗浄力が強く汚れや皮脂などをきれいに洗い流してくれる弱アルカリ性のものがあります。オイリー肌や乾燥肌、敏感肌など肌質は一人ひとり異なるので、自分の皮脂量に合わせて洗浄力の強さを選ぶのが重要です。

例えば、オイリー肌で肌表面の皮脂量が多い場合には弱アルカリ性のもの。乾燥肌や敏感肌で皮脂量が少なく肌が敏感になっている場合には弱酸性のものというように選びましょう。ここで、乾燥肌や敏感肌の人が「脂肪酸ナトリウム」や「石鹸素地」などと書かれた弱アルカリ性の洗顔料を使ってしまうと、刺激が強く感じられて肌トラブルを起こしやすくなるので、選ぶ際には成分をよく確認しましょう。

PH値にはこだわらない

PH値とは、酸性とアルカリ性の度合いを0~14の数字で示した値のこと。例えば、PH7は0~14の中間なので中性、PH7より大きい値のものはアルカリ性、PH7より小さい値のものは酸性ということになります。

健康な皮膚の人の場合には、PH値は4~6の弱酸性なので、弱アルカリ性の洗顔料を使うと肌に悪い影響を及ぼすのではないかと心配な人も多いと思います。しかし、泡を洗い流す水は中性で、スキンケアをする際の化粧水は弱酸性のものが多いため、肌はすぐに弱酸酸性に戻ります。PH値はあまり気にせずに、その後の保湿ケアに気を付けた方が良いでしょう。

界面活性剤の成分由来がなるべく天然のもの

界面活性剤とは、水と油を組み合わせてくれる役割があり、油分を含んだ皮脂や汚れなどを落とす効果がある成分のこと。添加物として界面活性剤が配合された洗顔料は数多く存在します。界面活性剤の中でも、洗浄力を高めるために界面活性剤と化学成分を組み合わせた合成界面活性剤と呼ばれるものは、正常なターンオーバーを乱したり、肌に強いダメージを与えたりすると言われています。

しかし、界面活性剤の成分には、レシチンやサポニンなどの天然成分が含まれているものもあり、肌への刺激を弱めることができます。洗顔料を選ぶ際には、界面活性剤が配合されていたとしても成分が天然由来のものをなるべく選ぶようにしましょう。

鉱物油の質が高いもの

鉱物油とは、石油からプラスチックなどを作った後に出る廃油のことで、脱色や不純物を取り除き、無味無臭にしたものが洗顔料によく使われています。現在、洗顔料やスキンケアアイテムに使われている鉱物油は安全性が高く、肌トラブルが起きにくいと言われていますが、肌の弱い人や敏感肌の人には刺激が強く感じられることがあります。

肌が弱い人や敏感肌の人は、できれば鉱物油などの添加物が入っていないものを選び、入っている場合でも鉱物油の質が高い物かどうか確認してから購入しましょう。

香りが自分の好みであること

洗顔料の中には香料が入っていて香りがあるものもあります。香りのある洗顔料を選ぶ際には、香りが自分の好みであることが、安心して使い続けられるポイントの一つです。

買ってみては良い物の香りが自分の好みではない場合、顔の上に直接のせるものなので香りが嫌になり、途中で使用を止めてしまうことも考えられます。そうなると、新しい洗顔料を探す手間や時間がかかってしまいます。選ぶ際には、香りが自分の好みであるか確認し、テスターがあれば手に出して香りを確認してみましょう。

トラブルに合わせた有効成分が含まれているもの

洗顔料を選ぶ際には、自分の肌トラブルに合わせた有効成分が含まれているものを選ぶと、効果的に肌トラブルを改善できて健やかな肌に近づくことができます。

例えば、ニキビが気になっている場合には毛穴に詰まった汚れを吸着してくれる天然クレイやマンナン、菌の増殖を抑制してくれるサリチル酸などが含まれているものを選ぶと、ニキビを改善し予防することができます。自分の肌の肌トラブルの状態や皮脂の量を見ながら、有効成分が含まれている洗顔料をじっくり見極めましょう。

使い続けられる値段のもの

いくらスキンケアの効果が高い洗顔料でも、使い続けられる値段のものでなければ、長く使い続けることはできません。値段が高くても添加物が含まれていたり、香りが自分に合わなかったりする場合があります。

安くても肌に優しく使える洗顔料は数多くありますので、自分の肌の状況や肌質、好みに合った洗顔料を選びましょう。

編集部が選ぶ口コミで大人気のおすすめ洗顔料ランキング

第6位 アクセーヌ シーバムウォッシュ 100g

6位

酵素の力で汚れや皮脂を浮き上がらせて、優しく取り除いてくれるアクセーヌのシーバムウォッシュ。ミクロセルロースパウダー配合で、余分な皮脂や細かい汚れをきれいに取り除き、肌トラブルのない健やかな素肌に導いてくれます。

無着色・無香料・ノンアルコール・パラベンフリーなど低刺激で肌に優しい洗顔パウダーで、敏感肌や肌の弱い人でも安心して長く使い続けることができます。

第5位 アクセーヌ リセットウォッシュ 200ml

5位

天然多糖類とグリコール酸の働きで肌に負担をかけずに余分な汚れや角質を落とせるアクセーヌのリセットウォッシュ。キメの細かい泡が毛穴の余分な角質などを取り除き、潤い感のある柔らか素肌に導いてくれます。

細かい泡は直接出てくるため、面倒な泡立てが必要なく、忙しい人にもおすすめです。また、肌に低刺激なAHA(フルーツ酸)が配合され、無着色・無香料・ノンアルコールなどでも肌への負担が弱く、誰でも安心して使うことができます。

第4位 水橋保寿堂製薬  いつかの石けん 100g

4位

23種類のミネラルをバランスよく配合した酵素石鹸として人気の高い水橋保寿堂製薬のいつかの石鹸。肌への刺激が強い合成界面活性剤やアルコール、パラベン、着色料などが不使用で肌に優しく使えます。また、配合された酵素が肌表面の不要なたんぱく質や皮脂を分解して取り除いてくれるため、透明感やツヤのある肌に導いてくれます。

さらに、23種類のミネラルの力で、肌に弾力やツヤ感を出してくれるため、高いエイジングケア効果を得ることもできます。

第3位 Re dermalab  モイストゲルクレンジング 150g

3位

一緒にメイクも落とせる保湿成分だけの洗顔料で、ツヤ感のある弾力肌に導いてくれるRe dermalabのモイストゲルクレンジング。ヒアルロン酸やビタミンCなど保湿成分やこんにゃくスクラブが使われているため、肌のバリア機能を守るとともに、毛穴に溜まったメラニン色素が含まれた古い角質や汚れなどをきれいに洗い流してくれます。

また、潤い感や透明感のあるしっとりとした洗い上がりで、有効成分によりシミやくすみ、ニキビなどを改善し、予防する効果も期待できます。無着色・無香料・ノンアルコール・パラベンフリーなどで肌に優しく使えます。

第2位 ソフィーナ クッション泡洗顔料 120g

2位
created by Rinker
¥1,760
(2020/07/01 21:23:23時点 楽天市場調べ-詳細)

美容液成分入りの弾力のある泡が手軽に作れて、パックをしているような密着度で集中的に汚れや余分な皮脂を浮かせてくれます。また、美容液成分が含まれていることで、肌をしっかりケアしながらトラブルのない美しい素肌に整える効果が期待できます。

第1位 アンソア アンソアクイーンシルバー 135g

1位

70日間かけて丁寧に作られるミネラルが配合された洗顔石鹸で、潤いを肌に残しながら、余分な皮脂や汚れを取り除いてくれます。また、キメの細かい泡で皮膚表面や毛穴の余分な皮脂などを取り除きながら、肌本来の力に働きかけて健やかな素肌に導いてくれます。

毛穴の汚れや角質除去におすすめの洗顔料

ルナチュラ 酵素ふわふわ洗顔パウダー 70g

毛穴詰まりやくすみなどの原因となる不要な角質を除去する酵素が配合されたシトラスの香りが特徴的なルナチュラの酵素ふわふわ洗顔パウダー。酵素が含まれたふわふわと柔らかい細かな泡が、毛穴の汚れなどを取り除き、洗顔をしながらピーリング効果も得ることができます。

10秒程度顔の上にのせているだけで、毛穴に詰まった皮脂や角質を取り除き、黒ずみやざらつきなどのないきれいな素肌に整えてくれるので、忙しい人でも手軽に毛穴ケアが可能です。

オバジ オバジC酵素洗顔パウダー 30個

created by Rinker
¥1,784
(2020/07/02 20:59:42時点 楽天市場調べ-詳細)

ビタミンCと酵素を配合することで、毛穴の黒ずみやくすみ、ざらつきなどの肌トラブルを効果的に改善してくれます。余分な角質などを取り除いて肌のターンオーバーを促したり、毛穴詰まりを解消したりできるので、その後の化粧水などの浸透率がアップします。

毎日洗顔するだけでビタミンCなどの保湿成分が潤いを保ちながら、毛穴ケアができるので、透明感のある美しい肌に導いてくれます。

毛穴撫子 重曹スクラブ洗顔 100g

created by Rinker
¥1,320
(2020/07/02 20:59:42時点 楽天市場調べ-詳細)

肌の表面を守りながら、角質や毛穴の汚れを取る重曹が配合された毛穴撫子の重曹スクラブ洗顔。重曹が水と混ざり合い、余分な角質や汚れなどだけを取り除いてくれるため、肌に優しく使えます。

また、ノンアルコール・バラペンフリー・無香料など肌のことを考えた低刺激の使い心地なので、肌にストレスを与えずにスキンケアや毛穴ケアが可能です。

ペリカン石鹸 ドットウォッシー洗顔石鹸 75g

汚れを吸着するガスール泥や低刺激なAHAなどが配合されたシトラスアースの香りが特徴的なペリカン石鹸のドットウォッシー洗顔石鹸。無香料・無着色・界面活性剤不使用などで肌への負担が少なく、7種類の保湿成分で潤いを保ちながらさっぱりと洗い上げてくれます。

ルナメアAC ファイバーフォーム 80g

角栓をからめとるファイバースクラブ配合で、余分な角質や汚れのみを優しく落としてくれるルナメアACのファイバーフォーム。保湿効果の高い4種類の植物エキスも配合されており、潤いをキープしながら余分な皮脂や汚れを吸着してすっきりと洗い上げてくれます。

プチプラ洗顔料の人気ランキング

1位 ビフェスタ クレンジングバーム ホットタイプ 150g

1位

美容成分80%配合で本体価格1000円のプチプラ洗顔料として人気が高いビフェスタのクレンジングバーム ホットタイプ。心地よく肌にフィットする温感バームで、角質をほぐしながら毛穴を開き、メイク汚れや余分な皮脂をしっかりと洗い流します。

また、とろとろとしたテクスチャーのバームなので、肌へ摩擦を与えにくく、マッサージ効果で血行も促進できます。さらに、美容成分80%配合なので、洗った後も潤いやツヤが残った滑らか素肌に導いてくれます。

2位 雪肌粋 ホワイト洗顔クリーム 80g

2位
created by Rinker
雪肌粋
¥949
(2020/07/02 07:50:19時点 Amazon調べ-詳細)

保湿成分の高いハトムギエキス配合で、肌に潤いを与えながら古い角質や皮脂などをきれいに洗い落としてくれる雪肌粋のホワイト洗顔クリーム。柔らかく弾力のある泡が、くすみやシミなどの原因となるメラニン色素が含まれた古い角質や余分な皮脂などを洗い流し、クリアな美しい素肌に整えてくれます。

また、保湿効果や美白効果が高く、本体価格926円で購入できることから人気の高いアイテムです。

3位 馬油配合・潤いのさち 洗顔石けん 80g

3位
馬油配合 潤いのさち 洗顔石けん 80g

保湿効果の高い国産馬油や7種の潤い成分が贅沢に配合されたフローラルブーケが特徴的な馬油配合・潤いのさちの洗顔石けん。国産馬油や7種の潤い成分により、浸透力をアップするとともに潤いのある肌に導いてくれます。また、柔らかく弾力のあるクリーミーな泡が繊細な部分まできれいに洗浄してくれるため、つっぱらずに滑らかな素肌に整えてくれます。

さらに、本体価格368円で購入ができるので、コストを気にせずに長く安心して使い続けることができます。

4位 アップリノ フルーツオーガニックフェイスウォッシュ 140g

天然由来のリンゴアミノ酸配合ですっきりとした洗い上がりにしてくれるアップリノのフルーツオーガニックフェイスウォッシュ。460円と低価格でありながら、キメの細かい泡が細部まできれいに洗い上げ、さっぱりとした透明感のある肌に導いてくれます。

5位 花印 保湿補水洗顔クリーム 150g

5位
created by Rinker
¥456
(2020/07/02 20:59:43時点 楽天市場調べ-詳細)

8種類のアミノ酸とコラーゲンが配合され、角質層まで潤いを浸透させてみずみずしい素肌に整てくれる花印の保湿補水洗顔クリーム。弾力のある豊かな泡が顔全体を優しく包み込み、余分な皮脂や汚れなどをスッキリ落としながら、保湿成分で潤いを与えます。

また、テカリやべたつきを抑えながら、一日中潤った肌をキープしてくれますし、456円とリーズナブルな価格で購入できることから人気の高いアイテムです。

6位 白茶爽  白茶洗顔石鹸 120g

6位

保湿効果の高い白茶エキスや高純度茶カテキンが配合された白茶爽の白茶洗顔石鹸。肌の潤いをキープしながら、弾力のある豊かな泡で余分な皮脂や汚れをきれいに洗い落とし、さっぱりとした透明感のある肌に整えてくれます。

汚れ落ちが良く潤いもキープしてくれるのに、本体価格398円とリーズナブルな価格で購入できることから、リピートする人が多いアイテムです。

ニキビケアや予防対策におすすめの洗顔料

DHC 薬用アクネコントロールフレッシュフォーミングウォッシュ 130g

殺菌成分イソプロピルメチルフェノール配合でニキビ肌やオイリー肌に特化したDHCの薬用アクネコントロールフレッシュフォーミングウォッシュ。ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑えるとともに、過剰な皮脂や古い角質もオフしてくれるため、ニキビの発生を改善し、予防する効果が期待できます。

また、6種類の天然由来成分の力でつっぱらずにさっぱりとした洗い上がりになりますので、皮脂の分泌量が多いオイリー肌の人でも安心して使用できます。

スキンライフ 薬用洗顔フォーム 130g

殺菌成分のイソプロピルメチルフェノールや消炎成分のグリチルリチン酸2Kが配合されたニキビに予防に効果的なスキンライフの薬用洗顔フォーム。殺菌・消炎成分により菌の増殖や炎症を抑制し、ニキビを改善し、予防もしてくれます。オイルフリー・ノンコメドジェニックテスト済みなので、ニキビ肌に効果的に働きます。

また、ヒアルロン酸やグレープフルーツエキスなどの潤い成分により肌トラブルのない潤い肌に導いてくれます。

ノブ ACアクティブウォッシングフォーム 100g

ニキビ肌に効果のある殺菌成分サリチル酸配合のノブのACアクティブウォッシングフォーム。ニキビの原因となる余分な皮脂や古い角質をピーリング作用で取り除きながら、保湿力もキープしてくれるのでニキビ肌を改善する効果が期待できます。また、殺菌成分により、アクネ菌の増殖を防いでニキビの予防も可能です。

さらに、無着色・無香料・アレルギーテスト済みなので、アレルギーが気になる人でも安心して使うことができます。

プロアクティブ リニューイングクレンザー 120ml

肌ダメージの少ない細かなスクラブ粒子が、毛穴詰まりの原因となる余分な皮脂や角質などを取り除いてくれるプロアクティブのリニューイングクレンザー。殺菌成分のサリチル酸も配合されていることで、アクネ菌の増殖を防ぎ、ニキビなどの肌トラブルのない健やかな肌に整えてくれます。

ビオレ  スキンケア洗顔料 薬用アクネケア 130g

殺菌・消炎成分配合でニキビの炎症を抑制しながら、肌本来の潤いをキープしてくれるビオレのスキンケア洗顔料 薬用アクネケア。肌表面の汚れや皮脂などを落とし、しっとり洗い上げてくれますし、肌本来の潤い感を長時間キープしてくれます。

また、香りも上品で爽やかな印象のフローラルの香りなので、癒しの香りに包まれながらリラックスしたい人にお勧めです。

 

乾燥肌や敏感肌にも使えるおすすめの洗顔料

健康コーポレーション どろ豆乳石鹸 どろあわわ 〈しっとリッチ〉 110g

【6個で送料無料】【泡立てネット付き】☆健康コーポレーション どろ豆乳石鹸 どろあわわ あわわ洗顔 110g☆【使いやすい限定チューブタイプ】洗顔 DOROAWAWA doroawa

保湿成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどが配合されており、しっとり潤い肌に導いてくれる健康コーポレーションのどろ豆乳石鹸 どろあわわ 〈しっとリッチ〉。また、保湿効果の高いアルガンオイルや血行を改善するジンジャーエキス、保水力の高いホホバオイルなども配合されており、乾燥やハリ不足知らずのもっちり潤い肌に導いてくれます。

また、心地の良い洗浄力で肌を優しく洗い上げてくれるため、刺激に弱い人や敏感肌の人でも安心して使用できます。

イプサ クレンジングフォームセンシティブ 125g

収れん作用や肌荒れ防止効果のあるオドリコソウエキス配合で、肌のバリア機能を高めるイプサのクレンジングフォームセンシティブ。バリア機能を高めることで、皮膚の表面から潤いが逃げてしまうのを防ぎ、スキンケアアイテムの浸透力をアップさせてくれます。

また、肌のバリア機能を高めて正常な水分を保ちやすくすることから乾燥肌に有効に働きますし、ノンアルコール・無香料・無着色・バラペンフリーなので刺激が弱いため、敏感肌のスキンケアにも使えます。

カウブランド 無添加うるおい洗顔 110g

肌への刺激が少ない植物性アミノ酸系洗浄成分を配合し、デリケートな肌を優しく包み込んでくれます。また、濃密な弾力泡が余分な皮脂や汚れをしっかり洗い流し、保湿成分のセラミドで乾燥しやすい肌に潤いを持たせます。

無着色・無香料・ノンアルコール・バラペンフリーなどデリケート肌のことを考えて成分が配合されており、乾燥肌や敏感肌の人でも安心して日々のスキンケアに使うことができます。

イーキューブ いいじゃんガスール石鹸 グラン・リッチ 60g

コラーゲンやロイヤルゼリーなどの美容成分を贅沢に配合して、潤い力のある素肌に整えてくれるイーキューブのいいじゃんガスール石鹸 グラン・リッチ。柔らかく細かい泡が余分な皮脂や汚れを落とし、しっとり潤いのある肌に導いてくれます。

また、ほのかなローズマリーの香りで洗顔タイムを過ごすことができるので、リラックス効果も得ることができます。

明色化粧品 セラコラしっとり洗顔フォーム 100g

保湿成分のヒアルロン酸とコラーゲン配合で、洗顔するだけでパック後のようなしっとりクリアな肌に整えてくれる明色化粧品のセラコラしっとり洗顔フォーム。濃厚な弾力ある泡が肌に優しくフィットして、余分な皮脂や汚れなどをきれいに吸着し、取り除いてくれます。

また、保湿成分や美容液成分により、洗った後も潤いをキープしてくれるので、その後のスキンケアのお手入れがやりやすいと人気の高いアイテムです。

 

洗顔料の効果を引き出す洗顔のポイント

爪や手は事前に清潔にしておく

直接肌に触れる爪や手は事前に十分洗って、清潔にしておきましょう。爪や手が清潔な状態でないと、毛穴に菌や汚れが入りやすくなり、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルの原因になります。

両方の手のひらをすり合わせ、両手首までしっかり洗うようにし、手のひらで爪を立てて優しく擦るようにして爪の中まで清潔にしておきましょう。

洗顔は1日に朝と夜の2回まで

洗顔のしすぎは、肌に必要な皮脂や角質まで洗い流してしまい、ターンオーバーを乱れさせたり、乾燥して皮脂の分泌を増やしてしまったりする原因になります。

洗顔は1日に朝と夜の2回までとして、朝は寝ている間に付いた菌や汚れを落とすようにぬるま湯で優しく洗い、夜は一日分の余分な皮脂や角質などをしっかり落とすように洗顔料をよく泡立てて毛穴をきれいにするようにしましょう。どちらも32~34℃のぬるま湯で洗顔し、ゴシゴシこすらないように優しくクルクルとマッサージするように洗顔していきましょう。

事前に蒸しタオルで毛穴を開かせておく

事前に蒸しタオルを顔にのせて毛穴を開かせておくと、毛穴の中の汚れや余分な皮脂などが取り除きやすくなります。蒸しタオルは、触れた時に熱すぎず心地よいと感じる程度の温度になるよう、電子レンジで30秒~1分程度温めると最適な温度になります。

蒸しタオルを顔にのせて心地良いと感じる温度まで冷やしたら、顎からゆっくり顔にのせて2~3分程度顔にあてておきましょう。顔全体の血行が改善されて毛穴が開きやすくなり、不要な皮脂や角質を洗顔で落としやすくしてくれます。

すすぎも洗いもぬるま湯を使う

洗顔で顔全体を洗い終わった後は、ぬるま湯で細かな部分まですすぎましょう。両手いっぱいの35℃前後のぬるま湯で20~30回程度すすぐと、洗い残しがなく丁寧に洗い流すことができます。

中には、水を使ってすすぎ洗いを行う人もいると思いますが、皮脂や汚れは35℃程度で溶け出すと言われており、35℃前後のぬるま湯を使った方が浮いてきた皮脂や汚れを取り除くには効率的です。ゴシゴシ擦るイメージで洗い流すのではなく、ぬるま湯を顔全体にかけながら汚れを落とすイメージで肌に刺激を与えないように丁寧に洗い流しましょう。特に、Uゾーンや生え際、小鼻などは洗い残ししやすいので注意してください。

肌の状態に合わせて洗顔料を変えてみる

肌の状態は、ストレスやホルモンバランスの乱れなど生活していく中で日々変わっていくもの。肌の状態に合わせて洗顔料を選ばないと、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルを起こしてしまうこともあり、元の状態に戻すまで時間がかかります。

まずは、肌の状態を鏡や手触りで確認し、今使用している洗顔料の成分を見て、刺激になる成分が含まれていないかチェックしたり、肌が敏感になっていると感じている時には刺激の弱い粉末状の洗顔パウダーに切り替えたりするなど、日々変わっていく状態に合わせて洗顔料を変えてみましょう。

摩擦による刺激は絶対に与えない

洗顔をする際に、汚れや皮脂を落とすためにゴシゴシ摩擦を加えてしまうことがあると思いますが、肌に強い刺激を与えてしまい、クマやシミ、乾燥などの肌トラブルが起きてやすくなってしまいます。

洗顔時はくるくるとマッサージするように、洗い流すときにはたっぷりのぬるま湯でかけ流すように、タオルで拭う時にはタオルをふんわりあてて水気を拭き取るようにして、摩擦による刺激を肌に絶対与えないようにしましょう。

 

おすすめを試して相性のいい洗顔料を見つけだそう

自分に合う洗顔料を選ぶポイントは、皮脂量や自分の肌質などに合ったものを選ぶこと。どの洗顔料が良いのかわからないという人は、今回ご紹介した人気のあるおすすめの洗顔料を試してみて、相性の良い洗顔料を見つけ出しても良いかもしれません。

相性の良い洗顔料を見つけ出して、余分な皮脂や角質などをきれいに取り除き、肌トラブルのない健やかで美しい素肌をキープしましょう。

関連記事