ライフスタイル

ケイトのファンデーションおすすめ人気ランキング4選!崩れ知らずな大人のマット肌を作ろう

ケイトのファンデーションが優秀すぎると話題

女性美容雑誌MAQUIAでも取り上げられていたケイトの新作ファンデーション。リキッドのテクスチャーから肌にのせるとパウダー状になるという驚きのファンデーションが人気です。リキッドファンデーションは扱い方が難しく、夏場の化粧崩れがひどい、ベースメイクが上手くいかない、という悩みを持つ方も多いです。

ここでは、肌質に合うファンデーションの選び方とケイトの人気おすすめファンデーションをご紹介しています。ケイトはドラッグストアなどのセルフコスメコーナーで手軽に買い求められるプチプラコスメで、ひと塗りするだけで大人のマット感あるツヤ肌を作ることで話題になっています。そんなケイトのファンデーションをあなたも試してみませんか?

ファンデーションで魅せ肌を作ろう

今お使いのファンデーションに満足していますか?自分の肌質や肌悩みに合うファンデーションを選ぶことで魅せ肌を作ることができます。ファンデーションの種類と選び方を知って自分に合うファンデーションを見つけましょう。

ファンデーションの種類

ファンデーションには、5つの種類があります。それぞれの特徴を表にまとめました。

ファンデーションの種類 特徴 メリット デメリット こんな人におすすめ
パウダーファンデーション ・粉タイプ

・マットな質感

 

・手を汚さずに使える

・余計な皮脂を吸収してくれる

・時間の経過と共に脂浮きやムラを防いでくれる

・塗り方によってはヨレたり化粧崩れをおこす ・脂性肌

・混合肌

・時短メイクをしたい人

 

リキッドファンデーション ・粉と油と水が、1:2:7で配合されている

・水分が多い

・肌への密着度が高い

・保湿力が高い

 

・シワやしみなどのなや悩みをカバーしてくれる

 

・厚塗りになりやすい ・ナチュラルメイクに仕上げたい人

・メイクした時の肌の乾燥が気になる人

クリームファンデーション ・粉・油・水が2:2:6の割合で配合

・乳化している

・水分が少なく、粉が多め

・ リキッドファンデーションより肌へのフィット感が高い

・カバー力が高い

・ツヤ肌が作れる

・化粧崩れしにくい

・肌なじみが悪いとムラになりやすい ・カバー力重視の人

・長時間メイク直しができない人

エマルジョンファンデーション ・クリーム状のファンデーションを押し固めたもの

・肌に伸ばすと液状になる

・肌質を選ばない

・ツヤ肌が作れる

・カバー力と保湿力が低い ・クリームとパウダーファンデーション両方の良いところが欲しい人

・化粧直しをしたい人

クッションファンデーション ・リキッドファンデーションをクッション染み込ませたもの ・下地が必要ない

・時短メイクができる

・カバー力が低い

・こまめに化粧直しが必要

・乾燥肌

・混合肌

 

BBクリーム ・メイク下地、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションの機能を一つにしたもの ・しみやそばかすなどの肌悩みをカバーしてくれる

 

・色数が少ない

・保湿効果があるので顔がテカって見える

・ベースメークを簡単に済ませたい人

・乾燥肌や敏感肌の人

大まかに整理ができたところで、個々のファンデーションについて詳しく説明していきます。

 パウダーファンデーション

パウダーファンデーションはコンパクトからパフで直接肌につけるタイプなので、手を汚さずメイクができるのが特徴。余計な皮脂を吸収し、時間の経過と共に脂浮きやムラを防いでくれます。ここ数年、パウダーファンデーションの粒子が細かくなり、肌を滑らせるように塗るだけでナチュラルな薄づきメイクに仕上がります。

塗り方によってはファンデーションがヨレたり化粧崩れを起こしたりします。余計な皮脂を吸収してくれるというパウダーの特性上、乾燥肌の人には向いていません。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは肌への密着度が高くシミやしわなど肌の悩みをカバーしてくれるのが特徴水分が多く保湿力もいいので、つけたての仕上がりが持続してくれます。ナチュラルな仕上がりからツヤ肌まで作ることができます。液状のファンデーションなので、適量を使わないと厚塗り感がでてしまうので気を付けましょう。

手で直接塗るより、ファンデーション専用のブラシやパフを使うとナチュラルに仕上がります。

クリームファンデーション

クリームファンデーションは、乳化している硬めのテクスチャーリキッドファンデーションより水分が少なく粉の割合が多めになっているので、カバー力もあり一度塗ると化粧崩れしにくいのが特徴。肌なじみが悪いとムラができて不自然な仕上がりになってしまうのが難点です。

エマルジョンファンデーション

エマルジョンファンデーションはクリーム状のファンデーションを押し固めてコンパクトに入れたもの。肌に伸ばすと液状になり、肌になじんでくるとパウダーファンデーションの仕上がりになるのが特徴。肌質を選ばずに使えるので、簡単にツヤ肌を作ることができる。クリームファンデーションのように保湿力やカバー力が劣ってしまうのが難点です。

クッションファンデーション

柔らかいスポンジにリキッドファンデーションを染み込ませた形状のもの。下地いらずで、すぐ肌につけられるのが特徴。手を汚さず手軽にツヤ肌を作ることができる。時短メイクをしたい人におすすめのアイテム。カバー力が弱いので、こまめに化粧直しをする必要があります。

BBクリーム

BBとはBlemish Balm(ブレミッシュバーム)の頭文字をとって名付けられています。元々は皮膚の炎症を抑え外的な刺激から肌を守るために作られたドイツ生まれの医薬用軟膏でした。美容大国の韓国でレーザー治療やピーリングの後の肌を癒す目的で使用されるようになりました。

特徴としては下地クリーム、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションの機能を兼ね備えています。

 

ファンデーションのおすすすめな選び方

項目 選び方の解説 解説
選び方1 肌質に合っているか ファンデーションの種類や特性にと自分の肌質をマッチングさせる

種類によっては肌の乾燥を引き起こすタイプもある

選び方2 肌の色に合っているか 肌の色は人によってさまざま。

ファンデーションの色選びで失敗しないコツは自分の肌の色を知ることが大切

選び方3

 

肌悩みをカバーできるか カバー力の高いタイプ、保湿力の高いタイプなどファンデーションの特性をよく知り、肌悩みを改善してくれるものを選ぶ
選び方4 ファンデーションの仕上がり ファンデーションの仕上がりをどんな感じにしたいのかを見極める

肌質

ファンデーションは自分の肌質に合うものを選びましょう。肌質に合わないファンデーションを選んでしまうと化粧崩れの原因にもなります。

肌のタイプ

  • オイリー肌:肌全体がベタついている感じ
  • 乾燥肌  :オールシーズン肌のかさつきが気になっている
  • 混合肌  :頬の部分は乾燥しやすい Tゾーンはベタついている
  • 普通肌  :顔全体のベタつきやかさつきが気にならない

例えば、パウダータイプのファンデーションは、肌の余分な皮脂を吸収する特性がありますので乾燥肌の人には向きません。このようにファンデーションの種類によって保湿力が高い、カバー力が高いなどの特性があるので、自分の肌質に合うファンデーションを選ぶことが大切になってきます。

肌の色

ドラッグストアなどのセルフコスメコーナーでファンデーションを購入する場合、多くの人が手の甲にファンデーションを塗って色を確かめているかと思います。手の甲では自分に合うファンデーションの色を見つけることはできません。自分の肌に合う色を見つけるには、顔と首の境目部分にファンデーションを試し塗りすることです。

一番おすすめするのが、ビューティーアドバイザーのいるカウンターでファンデーションの色味を見てもらうことです。セルフコスメコーナーでは難しいと思いますが、ドラッグストアーでも最近は各ブランドメーカーのアドバイザーがいる所もあります。利用してみましょう。

また、顔の色は日焼けや加齢によって変わることもありますから、最近ファンデーションの色が合わないと感じたらチェックしてもらうことをおすすめします。

肌悩み別

加齢と共に気になるのがシミやしわ、毛穴などの肌悩みです。最近のパウダーファンデーションは粒子が細かく、ひと塗りするだけでナチュラルな仕上がりになりますが、肌への密着度が高いのはリキッドファンデーションになります。自分の肌悩みとファンデーションの相性はどうなのかをきちんと見極めましょう。

ファンデーションの仕上がり

マット肌、ツヤ肌、ナチュラル肌。ファンデーションで仕上げたい肌の質感はどれですか?なりたい肌の質感によってもファンデーションの選び方は変わってきます。例えば今流行りのツヤ肌を作りたいのならリキッドファンデーションやクッションファンデーションがおすすめ。

ファンデーションを塗る前にきちんと肌を整えることが前提ですが、保湿力とカバー力が高いファンデーションを使うことで自然なツヤが生まれます。手で直接塗るのではなく、パフを使って仕上げましょう。

肌質と肌の色を知るところからはじめましょう

ファンデーション選びで失敗しないコツは、自分自身の肌質や肌の色をきちんと把握しておくことが大切。選び方がよくわからない人は、各ブランドメーカーのカウンターに常駐しているビューティーアドバイザーの人に選んでもらいましょう。

カネボウ化粧品とは

資生堂・花王に次ぐ日本の化粧品ブランドメーカー

カネボウ化粧品はかつて存在していたカネボウ株式会社の化粧品事業部。2004年の会社の再建により化粧品部門を切り離し独立した1企業としてカネボウ化粧品を発足させました。ドラッグストアなので販売されているブランドから百貨店でしか購入できない高級化粧品ブランドまで手広く商品を扱っています。

主な主力ブランドはDEW トワニー コフレドール ミラノコレクション KANEBO

KATE(ケイト)とは

カネボウが展開しているセルフコスメのブランド。no more rulesという言葉はCM内でささやかれている言葉でKATEのキャッチコピー。以前は中島美嘉でしたが、現在は女優黒木メイサとモデルの中条あやみがイメージキャラクター。

キャッチコピーのように生み出されている商品も常識に囚われていないものばかりで、ゼロ・パウダーという肌にのせた瞬間にパウダーファンデーションに変身してしまうものや、肌や毛穴の凹凸さえカバーしてしまうシークレットスキンメーカーゼロが話題になっています。2018年8月1日に発売されるラッシュフォーマーというマスカラも発売前から美容メディアでも取り上げられています。

ケイトのファンデーションの種類

ケイトはドラッグストアなどで販売されているセルフコスメです。ここでは販売されているファンデーションをご紹介したいと思います。表にまとめましたのでご覧ください。

商品名 形状 特徴
ケイトBBクリーム ウォーターインオイルBB リキッドファンデーション アーモンド油、ホホバ油脂油、オリーブ油が配合されていて保湿効果もある

厚塗り感もなく均一にカバーしてくれる

オイルインだがベタつかない

 

パウダリースキンメーカー 液状パウダーファンデーション 肌の上でパウダーに変わる
シークレットスキンメーカーゼロ(リキッド)

 

リキッドファンデーション 毛穴の凹凸をカバー

肌のなじみも良く厚塗り感が消えていく

シークレットスキンメーカーゼロ(パクト)

 

パウダーファンデーション 軽いつけ心地で肌に密着

毛穴や肌の凹凸をカバー

崩れにくい

 

ケイトファンデーションの展開色

ファンデーションの種類がわかったところで、展開している色を紹介。ファンデーション選びのもっとも大切な色選び。せっかく肌密着型のファンデーションを購入しても肌に合わない色を選ぶと顔だけ浮いた感じになるので購入前にチェックしましょう。

ウォーターインオイルBB

  • 01やや明るめの肌
  • 02標準的な肌
  • 04やや濃いめの肌

シークレットスキンメーカーゼロ(リキッド)

  • 00明るく透明感のある肌
  • 01やや明るめの肌
  • 02標準的な肌
  • 03ややベージュよりの肌
  • 04やや濃いめの肌
  • 05小麦色の肌

シークレットスキンメーカーゼロ(リキッド)

  • 00明るく透明感のある肌
  • 01やや明るめの肌
  • 02標準的な肌
  • 03ややベージュよりの肌
  • 04やや濃いめの肌
  • 05小麦色の肌

シークレットスキンメーカーゼロ(パクト)

  • 00明るく透明感のある肌
  • 01やや明るめの肌
  • 02標準的な肌
  • 03ややベージュよりの肌
  • 04やや濃いめの肌
  • 05小麦色の肌

パウダレスリキッド

  • オークルーB
  • オークルーC
  • オークルーD
  • オークルーG
  • ベージューC
  • ブライトアップカラー

ブランドメーカーによってファンデーションの色の呼び名が違うのではっきりとは言えませんが、02番が標準色がオークルになります。番号の若い方がピンクオークル系で、番号が大きいほどベージュオークル系の色になります。

異彩を放つプチプラコスメ

KATEは若年層から絶大な支持を得ているコスメブランド。発売当初から骨格メイクを目指してきた。イメージキャラクターからも想像できるが、かわいいだけじゃない凛とした女性をイメージしています。

ケイトファンデーションの総合おすすめ人気ランキング

それではケイトのファンデーションを人気順にご紹介したいと思います。ファデーションを選ぶ際の参考にしてくださいね。

 

順位  1位  2位  3位  4位
商品画像   ケイト ファンデーション パウダリースキンメイカー 00 明るく透明感のある肌   ケイト リキッドファンデーション シークレットスキンメイカーゼロ 01 やや明るめの肌   ケイト パウダーファンデーション シークレットスキンメイカーゼロ 00明るく透明感のある肌 ケイト BBクリーム ウォーターインオイルBB 04やや濃いめの肌
商品名 パウダリースキンメーカー スキンメーカーゼロ(リキッド) シークレットスキンメーカーゼロ(パクト)  ウォーターインオイルBB
価格  1,728円  1,728円  1,728円(レフィル)パクト別売り648円  1,512円
ファンデーションの形状 液状パウダリーファンデーション リキッドファンデーション パウダリーファンデーション リキッドファンデーション
カバー力 カバー力は高い  肌への密着度が高い ファンデーションの粒子は細かいがカバー力に欠ける  シミやニキビ跡のカバー力は弱い

毛穴や色むらは綺麗にカバーしてくれる

肌につけたときの状態 つけ始めはリキッドで肌にのせるとパウダー状に変わる かためのテクスチャーで少々伸びが悪く感じる 粉っぽさがない

サラサラに仕上がる

オイルインなので保湿性に優れツヤ肌が作れる
総合評価
合う肌質
肌の色に合うか
カバー力
ファンデーションの仕上がり
 公式リンク  

 

 

 

 

[/item]

4位ウォーターオイルインBB

4位
created by Rinker
KATE(ケイト)
¥2,980
(2020/04/05 16:46:57時点 Amazon調べ-詳細)
 ウォーターオイルインBBクリーム  評価
 肌質  全ての肌質
 肌の色に合うか  3色展開
 肌の悩みをカバーできるか 毛穴凹凸も均一にカバー
 ファンデーションの仕上がり  ツヤ肌

保湿効果が高いBBクリーム

BBクリームなのでこれ1本で下地、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションの機能を果たしてくれます。下地としても使えますのでBBクリームを塗った後にプレストパウダーをたたくだけでナチュラルなメイクに仕上がります。忙しい人や休日のメイクに重宝する1本です。

ナチュラルなツヤ肌を作りたい人におすすめ

ホホバ種子オイル、アーモンド油、オリーブ果実油が配合されているオイルインのBBクリームです。下地、コンシーラー、日焼け止め、ファンデーションの機能が1本に入っているので、簡単にベースメイクを仕上げたい人やお休みの日のメイクなどにおすすめです。

ウォーターオイルインの口コミ・評判

  • 20代・混合肌
    カバー力は抜群でした

    クリームののびがあまり良くなかったのが気になりましたが、カバー力は優秀でした。化粧ノリも良く1日中ヨレずに過ごせたので満足です。

  • 20代・敏感肌
    コスパはいいと思いました

    仕上がりもナチュラルで厚塗り感がないので気に入っています。休日のメイクや近場に出かける時用に使っています。

シークレットスキンメーカーやパウダリースキンメーカーなどの新商品が注目されている中、未だに根強い人気とリピーターがいるファンデーションです。15秒でパウダーに変わるという変わったリキッドファンデーションですが仕上がりもカバー力も良く、一度使うとやみつきになるようです

3位シークレットスキンメーカーゼロ(パクト)

3位

シークレットスキンメーカー(パクト)

 

評価
肌質 混合肌・オイリー肌
肌の色に合うか  6色展開 全体的に黄味ががったファンデーション色が多いので色白の人は00番か01番を。
肌の悩みをカバーできるか  ある程度の肌の凹凸、毛穴、シワはカバー可能

毛穴の状態によっては毛穴落ちする可能性あり

ファンデーションの仕上がり  ナチュラルな仕上がり

 

シークレットスキンメーカーゼロ(パクト)

ひと塗りで肌に密着。肌の状態にもよりますが、ある程度の肌の凹凸や毛穴、シワはきれいにカバーしてくれます。パウダーファンデーションなので乾燥肌の人には向いていません。肌にのせた時のパウダーファンデーション特有の粉っぽさがないのでナチュラルに仕上がります。

パウダーファンデーションを敬遠していた人におすすめ

パウダーファンデーションの粉っぽさが嫌で使わないという人も多いのではないでしょうか。ケイトのパウダーファンデーションは粉っぽさがなく、肌にのせるとスルスルと広がっていきます。軽くひと塗りするだけで肌に密着してくれます。

シークレットスキンメーカーゼロ(パクト)の口コミ・評判 

  • 20代・混合肌
    値段以上の仕上がり感です

    プチプラコスメですが品質は良いと思いました。パウダーの粒子の細かくキメ細かな仕上がり。肌への密着も良く、ファンデーションの粉落ちもありませんでした。

  • 30代・女性
    自然な仕上がり

    付属のスポンジではなく、フェイスブラシを使っています。薄くのばせるのでナチュラルに仕上がります。シミやそばかすは隠せません。

  • 20代・OL
    下地でUVケアして

    このファンデーションはUVカットの機能が低いです。SPF18PA++しかありません。下地でUVケアをしないとダメです。

シークレットスキンメーカーのパウダーファンデーションは、ナチュラルに仕上げたい人におすすめです。パウダーの粒子も細かく薄づきで肌への密着度も高いですが、UVカット機能が低いので下地でケアをする必要があります。色々な口コミを見ましたが、やはり乾燥肌の人にはパウダーファンデーションは向いていないのと、カバー力がリキッドファンデーションと比べると低いという点が気になりました。

2位シークレットスキンメーカーゼロ(リキッド)

2位
created by Rinker
¥1,408
(2020/04/05 16:46:57時点 楽天市場調べ-詳細)
シークレットスキンメーカーゼロ(リキッド) 評価
肌質 全ての肌質
肌の色に合うか  6色展開
肌の悩みをカバーできるか  毛穴の凹凸をしっかりカバー

赤みや色ムラをカバー

ファンデーションの仕上がり  みずみずしいツヤ肌

一気にカバーして厚塗り感も消えるファンデーション

シークレットスキンメーカーゼロは、ひと塗りするだけで肌に密着。カバー力の高いリキッドファンデーション。厚塗り感のない一体美肌を作ってくれます。ハイカバー&スムース処方で、ファンデーションのカバーの満足感と浮かない仕上がり感の両方で顔色がトーンアップした美しい仕上がりに。スキンフィットポリマーで、高いカバー力で軽いタッチでのび、肌になじみながらしっかりフィットするのが特徴です。

カバー力のあるファンデーションを探している人におすすめ

肌への密着度が高いファンデーションです。ハイカバー&スムース処方で肌の色ムラや毛穴の凹凸をカバー。美しい仕上がりになると人気のリキッドファンデーションです。

シークレットスキンメーカーゼロ(リキッド)の口コミ・評判 

  • 20代・混合肌
    テクスチャーが重かった

    カバー力は最高に良かったのですが、ファンデーションのテクスチャーが重くてのびの良さは感じられませんでした。ファンデーションに混ぜて使うタイプの下地を使ったらのびが良くなりました。

  • 20代・脂性肌
    他のブランドより色が明るめ

    02番を使っています。ファンデーションののびも良く想像以上にしっかりとした仕上がりでした。他のブランドより色味は明るいかもしれません。

ファンデーションのテクスチャーが少々重めのようです。使う人の感覚にもよるのでしょうが、のびの良さが感じられないという口コミが多かったです。従来のリキッドファンデーションの水っぽい感じと比べるとややテクスチャーが固めだということなのでしょう。水を含ませるとプルプルの触感になるパフもあるので、そういうタイプのものを使うと塗りやすくなるので工夫されてみてください。

1位パウダリースキンメーカー

1位
created by Rinker
KATE(ケイト)
¥1,760
(2020/04/05 19:30:30時点 Amazon調べ-詳細)
パウダリースキンメーカー 評価
肌質 全ての肌質(脂性肌や混合肌の人に人気)

 

肌の色に合うか  6色展開 他のメーカーのものより全体的に明るめの色味
肌の悩みに合うか 毛穴の凹凸、赤み、色ムラをカバー
ファンデーションの仕上がり マット感

肌にのせるとパウダーになる液状ファンデーション

ケイトのファンデーションの中で1番カバー力の高いものになります。肌にのせるとパウダーになる液状のファンデーション。厚塗り感もなくサラサラに仕上がるのが特徴。リキッドファンデーションなのにパウダーファンデーションを塗ったような軽い仕上がり。油っぽく重たくないのでふわっとした感じになります。

肌悩みをしっかりカバーしたい人におすすめ

肌の上でパウダーに変わる液状のファンデーションになります。ケイトのファンデーションの中でカバー力が優れている人気のファンデーション。大人の肌悩みを補修したい人に使ってみて欲しい。パウダー状に変わるので夏場用におすすめ。

パウダリースキンメーカーの口コミ・評判 

  • 20代・混合肌
    夏場用として使っています

    リキッドファンデーション派です。夏場、どうしてもベースメイクが崩れてしまうのでパウダリースキンメーカーに変えてみました。塗ってすぐにサラッとするのでフェイスパウダーなしでも大丈夫でした。

  • 20代・乾燥肌
    とても使いやすかった

    肌にのせるとパウダー状になるので使いやすかったです。リキッドファンデーションは扱い難いというイメージがあったのですが、このファンデーションは違いました。

口コミにもありましたが、パウダリースキンメーカーは肌への密着度が高いのが特徴です。また、肌にのせるとパウダー状に変わるので化粧崩れも少なく夏場のベースメイクとして利用する人も多いです。扱い難いと思われがちなリキッドファンデーションに革命を起こしたと言ってもいいでしょう。リキッドファンデーション派でない人にも是非、使ってみて欲しい商品です。

ケイトのファンデーションで大人のマット肌を手に入れよう

Makeup products for creating the perfect skin tone: concealer, primer, liquid foundation fluid with correcting, bronzing, golden shimmer, highlighting make-up powder. Copy space

ファンデーションを選ぶときには、自分の肌質と肌色を知ることが大切になってきます。大人のマット肌が作れるケイトのファンデーションを是非、あなたも手にして使ってみてください。きっと満足できる仕上がりになりますよ。

関連記事